広告 ブロックチェーン

DApps(分散型アプリケーション)とは

DApps(分散型アプリケーション)

DAppsとは

Dapps(ダップス)は、ブロックチェーン技術を用いて作られた分散型アプリケーションの総称です。Decentralized Applicationsの略称で、日本語では「分散型アプリケーション」という意味の言葉です。

中央管理者(企業や団体といったサービスを提供する主体)なしに提供される、自律分散型アプリケーションで、主にブロックチェーン上でスマート・コントラクトを利用し作動します。

助手
助手
スマート・コントラクトは、契約行動をプログラム化し、自動的に実行する仕組みです。

DAppsは次世代を担うアプリケーションとして注目を集めており、ゲーム(NFTゲーム)や金融サービス(DeFi)などを中心にさまざまなサービスの開発が進められています。

分散型アプリケーション

従来のアプリケーションは、アプリを管理するサーバーが存在し、サーバーで処理を実行したり、情報を管理したりします。

このように管理者が情報を集中管理するシステムを「中央集権型」といいます。

次の図は「中央集権型」のイメージ例です。中央管理者(管理組織)が情報を集中管理しています。

中央集権型のイメージ図

 

それに対しDappsの基盤技術であるブロックチェーンは、管理者が情報を集中管理するのではなく、参加者で情報を分散管理します。このようなシステムを「分散型」といいます。

ブロックチェーンについての詳細はこちら

このように「分散型」で管理するアプリケーションのことをDapps(分散型アプリケーション)といいます。

次の図は「分散型」のイメージ例です。接続されたコンピュータ同士は対等の立場で、情報は参加者で共有しながら管理します。

ブロックチェーンのイメージ例

 

これまでのシステムは、中央管理者の存在が必要不可欠でしたが、ブロックチェーンという技術の登場により、中央管理者なしでシステムを運用できるようになりました。

そして、このブロックチェーン技術を用いて作られた分散型アプリケーションの総称を「Dapps」といいます。

helpful