システム開発

CMMI(能力成熟度モデル統合)とは

CMMI(Capability Maturity Model Integration)

CMMI(能力成熟度モデル統合)とは、ソフトウェア開発作業において、組織がプロセスをより適切に管理できるようにすることを目標として遵守するべき指針を体系化したものであり、ソフトウェア開発組織 および プロジェクトのプロセス成熟度を評価するためのモデルです。

CMMIは、組織における開発プロセスの成熟度をレベル1~レベル5の「5段階」であらわし、プロセス改善の手助けになることを目的としています。

CMMI(プロセス成熟度モデル)

レベル1「初期」

成熟度レベル1の「初期」では、プロセスは場当たり的組織は安定した環境を提供しない状態。

こうした組織でのプロジェクト成功は、個人の力量に依存しています。そして、超過労働や危機管理の欠如、過去の成功を繰り返す能力の欠如などの特徴があります。

成熟度レベル1は、組織としての管理は機能していない、個人の力量にお任せという状態です。個人への負担が大きそう・・・

レベル2「管理された」

成熟度レベル2の「管理された」では、基本的なプロジェクト管理は確立されており、過去の類似したプロジェクトの成功を反復できる状態。

レベル3「定義された」

成熟度レベル3の「定義された」では、組織の標準プロセスが確立された(文書化などで定義)状態。

成熟度レベル2の状態では、組織の標準プロセスがないため、同じ組織でもプロジェクトによりやり方が異なっていた可能性がありますが、成熟度レベル3により組織内での標準プロセスが確立されたため、開発や保守において各プロジェクトが標準プロセスを使用できます。

レベル4「定量的に管理された」

成熟度レベル4の「定量的に管理された」では、実施したプロセスおよび成果物に対して、詳細な測定結果が収集されており、プロセスを定量的に評価・制御できる状態。

成熟度レベル4は、プロセスの結果をしっかりと分析(数値化)し、その分析内容から予測ができる状態です。

レベル5「最適化している」

成熟度レベル5の「最適化している」では、技術的進歩や新しいアイデア、実施したプロセスからの定量的フィードバックなど、継続的にプロセスの有効性を改善する(最適化)ことができている状態。

成熟度レベル5は「最適化している」状態であり、「最適化された」状態ではない、これはプロセスに終わりはなく、常に改善が必要であるという考えに基づいています。

技術や時代の変化と共に、プロセスも常に改善が必要ということですね、大変だ

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説