プログラム

言語プロセッサとは

言語プロセッサ

言語プロセッサとは、プログラミング言語で作られたプログラムの翻訳作業を行うソフトウェアの総称です。

プログラミング言語で作られたプログラムは、人が理解しやすい文字列や記号で記述されているため、コンピュータは理解できません。

プログラミング言語はコンピュータは理解できない

そのため、コンピュータが理解できる機械語(バイナリデータ)に変換する必要があります。この機械語へ変換する翻訳作業を行うソフトウェアの総称のことを「言語プロセッサ」といいます。

主要な言語プロセッサには「コンパイラ」「アセンブラ」「インタプリタ」があります。

コンパイラ(compiler)

コンパイラ(英:compiler)とは、CやJavaのような高水準言語で書かれたソースコード(プログラム)をコンピュータが理解できる機械語に変換するソフトウェアのことです。

コンパイルとは

コンパイラを使いプログラムを機械語へ変換することをコンパイル(英:compile)といいます。

アセンブラ(assembler)

アセンブラ(英:assembler)とは、低水準言語に分類される「アセンブリ言語」で書かれたソースコード(プログラム)をコンピュータが理解できる機械語に変換するソフトウェアのことです。

アセンブラを使いアセンブリ言語を機械語へ変換することをアセンブル(英:assemble)といいます。

インタプリタ(interpreter)

インタプリタ(英:interpreter)とは、プログラミング言語で書かれたソースコード(プログラム)をコンピュータが理解できる機械語に変換しながら同時に少しずつ実行していくソフトウェアのことです。

スクリプトとは

インタプリタを使う代表的な言語には、JavaScriptやPHP、Ruby、Pythonなどがあり、このような言語を「スクリプト言語」といいます。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします