プラットホームとは

IT用語

プラットホームとは

プラットホームとは

プラットホーム(platform)とは、基盤や土台、環境を意味する英単語。官公庁の施策における環境、基盤、ソフトウェアやシステムにおける動作環境などのように、作業をするための足場の意味で用いられている言葉です。

ITの分野では、主にシステムを動作させるための土台となる環境(オペレーティングシステム (OS) やハードウェア)で使われます。

※オペレーティングシステムとは、コンピュータを動かす為のソフトウェア。

スポンサーリンク

プラットフォームの具体例

例えば、以下の図のようにWindows(OS)上で動作する「Aソフトウェア」と「Bソフトウェア」があるとします。

プラットフォーム例1

「Aソフトウェア」はWindowsのオペレーティングシステム (OS)上で動作し、「Bシステム」も「Aソフトウェア」上で動作します。

※BシステムはAシステムがないと動作しない。

プラットフォーム例2

この時、「Bソフトウェア」のプラットフォームは、「Aソフトウェア」と「Aソフトウェア」が動作する環境です。プラットフォームはシステムを動作させるための環境(土台)を指す言葉なので、「Bソフトウェア」を動かすのに必要な「Aソフトウェア」と「Aソフトウェア」が動作する環境がプラットフォームです。

プラットフォーム例3

次に「Aシステム」のプラットフォームは「Windows」です。「Aシステム」はWindowsのオペレーティングシステム (OS)上で動作しているので、「Windows」がプラットフォームです。

プラットフォーム依存

一般的なソフトウェアは、特定のプラットフォーム(Windows、macOS、Linuxのオペレーティングシステムやハードウェア)向けに作られることが多く、その環境のみで動作します。

例えば、Windows向けのアプリケーションをLinux上で動作させることはできないなど。プラットフォームに依存しているソフトウェアが一般的です。

しかし中にはプラットフォームに依存していないソフトウェアも存在します。このようにプラットフォームに依存していない(プラットフォーム非依存)ソフトウェアのことを「クロスプラットフォーム」や「マルチプラットフォーム」といいます。

プラットフォーム非依存(例:Java仮想マシン)

プラットフォームに依存しないソフトウェア(クロスプラットフォーム)で有名なのが、Java仮想マシン(Java virtual machine)です。Java VMやJVMとも呼ばれます。

Java vm

プログラム言語で有名なJavaは「Java仮想マシン」と呼ばれるJavaアプリケーションが動作する環境を使用します。そのため、Javaアプリケーションは「Java仮想マシン」さえあれば、Javaプログラムを実行することができます。

そして「Java仮想マシン」は、異なるプラットフォーム(Windows、macOS、Linux)上で動作させることが可能です。

他にも、Microsoft社が提供する開発環境である「Xamarin」(iOSやAndroid、Mac向けのソフトウェアを開発が可能)や、Google社が提供する開発環境「Flutter」(AndroidとiOS向けのアプリを、Google社が開発したDartという言語で開発が可能)などもプラットフォームに依存しない「クロスプラットフォーム」です。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.