プログラム

スクリプトとは

スクリプト(script)

スクリプトとは、プログラムの種類の一つであり、プログラミング言語で書かれたプログラム(ソースコード)を即時に実行できるようにしたものです。

そして、このようなプログラムを記述するための言語をスクリプト言語といいます。

通常、プログラミング言語は人間が理解しやすいように作られているため、コンピュータはプログラミング言語で作られたプログラムを理解することができません。

プログラミング言語はコンピュータは理解できない

そのため、プログラミング言語で作られたプログラムは、コンパイルという操作をします。コンパイルとは、プログラミング言語をコンピュータが理解できるバイナリデータに変換することです。

コンパイルとは

コンパイルすることで、コンピュータは人間が作成したプログラムを理解することができます。

通常のプログラミング言語は、このようにコンパイルという作業をしなければプログラムを実行することができません。

しかし、スクリプト言語の場合は、コンパイル作業をしなくても即時に実行することができます

スクリプト言語で作られたスクリプトは、コンピュータが理解できるバイナリデータに変換しながら同時に少しずつ実行していきます。(この工程を行ってくれるソフトウェアのことをインタプリタといいます)

そのため、コンパイルしなくてもコンピュータはスクリプト言語で作られたスクリプトを理解することができます。

スクリプトとは

上記図は、スクリプトのイメージ例です。

スクリプトを実行すると、コンピュータが理解できるバイナリデータに変換しながら実行してきます。

代表的なスクリプト言語には、UNIX系OSのシェルで実行されるシェルスクリプト(shell script)、Webブラウザで実行されるJavaScript、Webサーバで実行されるPHPやJSP、ASP、汎用的で多様な実行環境を持つPerlやRuby、Pythonなどがあります。

まとめ

スクリプトとは、コンパイルしないで即時に実行できるプログラムのこと。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説