プログラム

スクリプト(スクリプト言語)とは

スクリプト(スクリプト言語)

スクリプト言語とは簡易的なプログラミング言語の一種で、スクリプト言語で作られたプログラムをスクリプトといいます。

スクリプト言語は習得するのを簡単にするために工夫された言語であり、ソースコードを書けばすぐに実行できるのが特徴です。ただし厳密な定義は存在せず、あくまで抽象的な言葉といえます。

スクリプト言語のほとんどがインタプリタ方式を採用しているため「スクリプト言語 = インタプリタ方式の言語」というイメージがありますが、実際は必ずしもスクリプト言語がインタプリタ方式であるとは限りません。

コンパイラ方式とインタプリタ方式

プログラミング言語は人間が理解しやすいように作られているため、コンピュータはプログラミング言語で作られたプログラムを理解できません。

プログラミング言語をコンピュータは理解できない

そのため、プログラミング言語で作られたプログラムは、コンパイルという操作をします。

コンパイルとは、プログラミング言語をコンピュータが理解できる機械語(バイナリデータ)に変換することです。(この工程を行ってくれるソフトウェアのことをコンパイラといいます。)

コンパイルとは

コンパイルすることで、コンピュータは人間が作成したプログラムを理解することができます。

スポンサーリンク

それに対して、インタプリタ方式の言語(スクリプト言語のほとんどがインタプリタ方式を採用している)はコンパイル作業をしなくても即時に実行することができます

インタプリタ方式の言語は、コンピュータが理解できる機械語(バイナリデータ)に変換しながら同時に少しずつ実行していきます。(この工程を行ってくれるソフトウェアのことをインタプリタといいます。)

そのため、コンパイルしなくてもコンピュータはインタプリタ方式の言語を理解することができます。

スクリプトとは

代表的なスクリプト言語

代表的なスクリプト言語は次のとおりです。

スクリプト言語 説明
シェルスクリプト UNIX系OSのシェルで実行されるスクリプト言語
JavaScript フロントエンドの開発には欠かせないブラウザ上の表示や挙動を制御するクライアントサイド(フロントエンド)のスクリプト言語。
PHP 構文がシンプルでWordPressなど様々なWebアプリケーションに使用されている。HTMLの中にプログラムを直接書き込むことができるサーバサイド(バックエンド)のスクリプト言語。
Ruby 有名なフレームワークである「Ruby on Rails」でWebアプリケーション開発ができるサーバサイド(バックエンド)のスクリプト言語。
Python ディープラーニングやAIの開発で有名なサーバサイド(バックエンド)のスクリプト言語。