プログラム

スクリプトとは

スクリプト(script)

スクリプトとは、プログラムの一種でプログラミング言語で書かれたプログラム(ソースコード)を即時に実行できるようにしたものです。

そして、このようなプログラムを記述するための言語をスクリプト言語といいます。

コンパイラとインタプリタ

プログラミング言語は人間が理解しやすいように作られているため、コンピュータはプログラミング言語で作られたプログラムを理解できません。

プログラミング言語をコンピュータは理解できない

そのため、プログラミング言語で作られたプログラムは、コンパイルという操作をします。コンパイルとは、プログラミング言語をコンピュータが理解できる機械語(バイナリデータ)に変換することです。(この工程を行ってくれるソフトウェアのことをコンパイラといいます。)

コンパイルとは

コンパイルすることで、コンピュータは人間が作成したプログラムを理解することができます。本来はこのようにコンパイルという作業をしなければプログラムを実行することができません。

スポンサーリンク

しかし、スクリプト言語の場合はコンパイル作業をしなくても即時に実行することができます

スクリプト言語で作られたスクリプトは、コンピュータが理解できる機械語(バイナリデータ)に変換しながら同時に少しずつ実行していきます。(この工程を行ってくれるソフトウェアのことをインタプリタといいます。)

そのため、コンパイルしなくてもコンピュータはスクリプト言語で作られたスクリプトを理解することができます。

スクリプトとは

スクリプトを実行すると、コンピュータが理解できるバイナリデータに変換しながら実行してきます。

代表的なスクリプト言語

代表的なスクリプト言語は次のとおりです。

スクリプト言語 説明
シェルスクリプト UNIX系OSのシェルで実行されるスクリプト言語
JavaScript フロントエンドの開発には欠かせないブラウザ上の表示や挙動を制御するクライアントサイド(フロントエンド)のスクリプト言語。
PHP 構文がシンプルでWordPressなど様々なWebアプリケーションに使用されている。HTMLの中にプログラムを直接書き込むことができるサーバサイド(バックエンド)のスクリプト言語。
Ruby 有名なフレームワークである「Ruby on Rails」でWebアプリケーション開発ができるサーバサイド(バックエンド)のスクリプト言語。
Python ディープラーニングやAIの開発で有名なサーバサイド(バックエンド)のスクリプト言語。

暗記ポイント

  • スクリプトとは、コンパイルしないで即時に実行できるプログラムのこと。

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら