プログラム

コンパイルとは

コンパイル

コンパイル(compile)とは、プログラミング言語を、コンピュータが理解できるバイナリデータ(0と1を並べたビット列)に変換することで、そのためのソフトウェアをコンパイラ(compiler)といいます。

コンパイルはなぜ必要なの?

プログラミング言語は、人間が理解しやすいように作られているため、コンピュータはプログラミング言語で書かれたプログラムを理解することができません。

プログラミング言語はコンピュータは理解できない

そのため、プログラミング言語で作られたプログラムを、コンピュータが理解できるように変換する必要があります。この変換作業のことをコンパイルといい、そのためのソフトウェアのことをコンパイラといいます。

コンパイラ型言語とインタプリタ型言語

プログラミング言語で作られたプログラムをコンピュータが理解できるバイナリデータに変換する方法には、「コンパイラ」を使うコンパイラ型の言語と「インタプリタ」を使うインタプリタ型の言語があります。

コンパイラ型とインタプリタ型の主な言語は次の通りです。

バイナリへと変換する手法 主な言語
コンパイラ C言語、Java、C++、C#、Objective-Cなど
インタプリタ JavaScript、Ruby、Python、シェルスクリプト、Perlなど

 

コンパイラは、プログラミング言語をコンピュータが理解できるバイナリデータへ変換するためのソフトウェアです。

コンパイルとは

 

それに対して、インタプリタはコンピュータが理解できるバイナリデータに変換する作業と同時に実行していくソフトウェアです。

そして、このインタプリンタはスクリプト言語などで利用されています。

スクリプトとは

 

ポイント

コンパイラ:ソースコード →(コンパイル)→ バイナリ → 実行(バイナリに変換してから実行

インタプリタ:ソースコード→ 実行(バイナリに変換しながら実行

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説