システム開発

コアコンピタンスとは

コアコンピタンス(Core competence)

コアコンピタンス(Core competence)とは、企業の中核となる強みのことで、他社には真似のできない、企業独自のノウハウや技術などの強みを指す言葉です。

コアコンピタンス

コアコンピタンスという言葉は、1990年に「ゲイリー・ハメル」と「プラハラード」が ハーバード・ビジネス・レビュー Vol.68「The Core Competence of the Corporation」 という論文で発表した概念であり、その後、広められた言葉といわれています。

 

コアコンピタンスとなる能力の条件として次の3つがあげられています。

  • 競合他社に真似されにくい自社能力
  • 顧客に対して何らかの利益をもたらす自社能力
  • 様々の市場にアピールできる自社能力

ポイント

コアコンピタンスとは、他社には真似のできない自社の強み

この記事どうでしたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説