Linux

Windows10上のVirtualBoxにUbuntuをインストールする

【Windows10】VirtualBoxにUbuntuをインストールする手順

Windows10上にインストールした仮想ソフトウェアであるVirtualBoxにLinux(Ubuntu)をインストールする手順を紹介します。

スポンサーリンク

 

VirtualBoxのインストール手順は、下記の記事をご覧ください。

UbuntuのIOSイメージをダウンロードする

Ubuntuのホームページにアクセスし、IOSイメージをダウンロードします。

http://www.ubuntulinux.jp/

 

「Ubuntu Japanese Team」のサイトにアクセスし「Ubuntuのダウンロード」ボタンを押下します。

ubuntuのホームページ

 

続いて「日本語 Remix イメージのダウンロード」ボタンを押下。

ubuntu2

 

IOSイメージのダウンロード画面が表示されるので、IOSイメージをダウンロードします。(今回の例ではubuntu-ja-20.04-desktop-amd64.iso)

ubuntu iosイメージのダウンロード

VirtualBoxに仮想環境を作成する

仮想環境を新規に作成する

VirtualBoxを起動し「新規」アイコンをクリックします。

virtualbox 仮想環境の作成1

仮想環境のオペレーティングシステムを選択

作成する仮想環境の名前とオペレーティングシステムを設定して「次へ」をクリックします。

名前:任意の名前

タイプ:Linux

バージョン:Ubuntu(64-bit)

virtualbox-ubuntu手順2

仮想環境に割り当てるメモリを設定する

仮想環境に割り当てるメモリを設定する画面が表示されるので、任意のメモリサイズを設定して「次へ」をクリックします。※メモリサイズは後からでも変更できます。

今回の例では、2048MBを設定しています。

virtualbox-ubuntu手順3

ハードディスクの設定

「仮想ハードディスクを作成する」を選択して「作成」をクリックします。

virtualbox-ubuntu手順4

 

ハードディスクのタイプを選択する画面が表示されるので、VDI(VirtualBox Disk Image)を選択して「次へ」をクリックします。

virtualbox-ubuntu手順5

 

仮想環境のハードドライブを可変サイズ/固定サイズにするかを選択します。「可変サイズ」を選択して「次へ」をクリックします。

virtualbox-ubuntu手順6

 

仮想環境のハードディスクの保存場所と容量(任意の容量)を選択して「作成」をクリックします。

virtualbox-ubuntu手順7

仮想環境作成完了

これで、仮想環境の作成は完了です。

virtualbox-ubuntu手順8

Ubuntuのインストール

作成した仮想環境にUbuntuをインストールします。

スポンサーリンク

仮想環境の起動

作成した仮想環境を選択して「起動」アイコンをクリックします。

仮想環境の起動

IOSイメージの選択

プルダウンリストの右側にある[ファイル選択]アイコンをクリックして、先ほどダウンロードした「UbuntuのIOSイメージ」を設定して、「起動」をクリックします。

IOSイメージ選択

Ubuntuのインストール

Ubuntuのインストール開始画面が表示されるので言語に「日本語」を選択して、「Ubuntuをインストール」をクリックします。

ubuntuインストール

 

キーボードレイアウト画面が表示されるので、どちらも「Japanese」になっていることを確認して「続ける」をクリックします。

virtualboxキーボード設定

 

「通常インストール」が選択されていることを確認して「続ける」をクリックします。

アップデート設定

 

「ディスクを削除してUbuntuをインストール」が選択されていることを確認して「インストール」をクリックします。

インストールを開始する

 

確認ダイアログが表示されるので「続ける」をクリックします。

確認ダイアログ

 

地域を選択して「続ける」をクリックします。

地域

 

ログインユーザ、パスワードなどの入力を求められるので、各項目を設定して「続ける」をクリックします。

あなたの名前:任意の名前

コンピュータの名前:任意のコンピュータ名

ユーザの名前:任意の名前

パスワードの入力:任意のパスワード

パスワード入力

 

インストールが開始されるので、完了するまで少し待ちます。

インストール開始

 

インストールが完了すると、再起動を求められるので「今すぐ再起動する」をクリックします。

これでUbuntuのインストールは完了です。

再起動

 

再起動後、「please remove the installation medium, then press enter」の画面が表示されます。そのまま「Enter」を押下するとエラーになるので、[デバイス]-[光学ドライブ]-[ホストドライブ'D']を選択してから「Enter」を押下します。

※仮にエラーになってしまった場合は、強制終了してください。仮想マシンを立ち上げなおしたら正常に起動します。

初期設定

Ubuntuにログインする

作成したユーザーでUbuntuにログインします。

Ubuntuにログイン

オンラインアカウントへの接続

オンラインアカウントへの接続画面が表示されます。(後からでも設定可能です)

今回は何もせず「スキップ」をクリックします。

オンラインアカウントへの接続

Livepatchのセットアップ

Livepatchのセットアップ画面が表示されます。必要に応じて設定してください。

今回は何もせず「次へ」をクリックします。

Liveatchのセットアップ

Ubuntuの改善を支援

Ubuntuの改善を支援するかを聞かれるので、どちらかを選択して「次へ」をクリックします。

Ubuntuの改善を支援

プライバシー

プライバシー画面では、位置情報のON、OFFを聞かれるので、どちらかを選択して「次へ」をクリックします。

プライバシー

初期設定完了

準備が完了しましたと表示されるので、「完了」をクリックします。

初期設定完了

ソフトウェアの更新

ソフトウェアを更新するか聞かれるので「今すぐインストールする」をクリックします。クリックするとパスワードを求められるので、ログインしたユーザーのパスワードを入力します。

ソフトウェアの更新

 

ソフトウェアの更新が完了するまで、少し待ちます。(ソフトウェアの更新の進捗は、左上にある「アクティビティ」をクリックすると表示される)

ソフトウェアの更新進捗

 

ソフトウェアの更新が完了したら再起動を求められるので「すぐに再起動」をクリックします。

ソフトウェア更新完了

 

これでUbuntuのインストールは完了です。

この記事どうでしたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説