プログラム

エミュレータとは

エミュレータ

エミュレータ(英:emulator)とは、特定のOSやハードウェア向けに開発されたソフトウェアを、本来とは異なる動作環境で疑似的に実行させるソフトウェアやハードウェアのことです。

エミュレータを利用してソフトウェアを動作させることをエミュレーション(英:emulation)といいます。

エミュレーターのイメージ例

例えば、スマートフォン(Android)向けのアプリがあるとします。本来はAndroid端末でしか動作しないアプリでも、エミュレータを使用するとWindows上で動かすことができます。

その他にも、MacでWindows用のソフトウェアを動作させたい場合やコンピューター上でゲームソフトを動かすなど、エミュレータを使うことで本来の環境とは異なる環境でソフトウェアを動かすことができます。

ただし、エミュレータは実機に比べて処理性能が著しく低下します。そのため、実機がない環境や開発時の動作確認などで利用することが多いです。

 

このようにエミュレータは、他のOSやCPUの機能を模倣する環境を実現させるプログラムであり、エミュレータを使うことで異なるプラットフォーム向けのプログラムを実行することができます。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします