プログラム

インスタンスとは

インスタンス(instance)

インスタンス(instance)は、「実例」の意味を持つ英単語で、ソフトウェアの分野では「実体」のことをいいます。

実体?どういう意味ですか?

インスタンスとは

インスタンスとは、クラスを元に作成したオブジェクトの実体のことです。

よくわからない・・・
それでは、インスタンスについて詳しく説明していきます。

オブジェクト指向におけるインスタンス

オブジェクト指向言語では、クラスと呼ばれるものを使用します。クラスとはデータや処理をひとまとめにしたものです。

関連するデータや処理をまとめた「クラス」という部品を作っておき、その部品を自由に組み合わせ、必要であれば再利用することで効率よくプログラムを組んでいきます。

このように機能を部品化し、部品を組み合わせてプログラムを完成させる考え方のことを「オブジェクト指向」といいます。

 

クラスというのは、設計図のようなものであり、そのままでは使用することができません。

クラスを使用するには、メモリ上にクラスのオブジェクトを生成する必要があります。オブジェクトとは、メモリ上の値(何らかの実体)のことです。(オブジェクトはさまざまな実体の総称)

このクラスを元に作成したオブジェクトの実体のことをインスタンスといい、クラスのインスタンスを生成するプロセスを「インスタンス化」といいます。

インスタンスとは

なるほど、クラスを使うために生成したものが「インスタンス」ですね。

 

クラスのインスタンスを生成することを「インスタンスの生成」や「オブジェクトの生成」といい、生成したものを「インスタンス」や「オブジェクト」と表現します。

「インスタンスの生成」と「オブジェクトの生成」は同じ意味です。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします