システム開発

アウトソーシングとは

アウトソーシング(outsourcing)

アウトソーシング(あるいは 外部委託)とは、外部(out:アウト)から調達(sourcing:ソーシング)するという意味で、業務の一部を外部の会社(協力会社)に発注する(他社に依頼して外部から調達)ことをいいます。

 

アウトソーシング

 

アウトソーシングは、他社だけではなく、自社の子会社や関連会社、グループ会社へ業務委託をする場合も含まれます。

現在では、様々な業務がアウトソーシングの対象となっています。情報技術の急速な発達に伴い、社内の技術習得が追いつかない、短期間の業務に対して人件費を増やせないなどの理由から外部へ業務委託するケースも多くなっており、また外部の専門業者に発注することで、品質を高める効果も期待できます。

 

アウトソーシングと似たような意味を持つ言葉に「M&A」や「アウトソーシング」があります。

「M&A」は、Mergers(合併)and Acquisitions(買収)の略であり、名前の通り「他社を買い取る(合併や買収)」際に使用される言葉です。

そして、「アウトソーシング」は「企業同士の連携」です。他者に業務を委託する「アウトソーシング」とは違い、他社と協力関係を築き企業同士が連携して共同で事業を行う形です。

この記事どうでしたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説