PHP

XAMPPのインストール手順 | 図解で分かりやすく説明

XAMPPとは

XAMPPとは、PHPの開発で必要なソフトウェア(PHP、Apache、MySQLなど)やツールなどをまとめてパッケージ化してくれている便利な開発ツールです。

そのため、XAMPPをインストールするだけで、PHPの開発環境を整えることができます。

 

XAMPPのダウンロードは以下の公式サイトから行います。

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

XAMPPのダウンロード

XAMPPの公式サイトからダウンロードするOSを選択しXAMPPをダウンロードします。

今回の例ではPHP7.4.3のXAMPPをダウンロードしていますが、PHPのバージョンを指定する場合は、XAMPPのサイトより対象のPHPのバージョンをサポートしているXAMPPをダウンロードします。

XAMPPをダウンロードするOSを選択

XAMPPのインストール

先ほどダウンロードした「xampp-windows-x64-7.4.3-0-VC15-installer.exe」(※ファイル名はバージョンにより異なる)を実行します。

スポンサーリンク

警告メッセージ

ウイルスソフトが入っていると、次のメッセージが表示されることがあります。ここは「Yes」を押下します。

XAMPPのインストール手順1

次に警告メッセージが表示されることがあります。これはXAMPPのインストール先をWindowsのプログラム管理データ上にするとXAMPPが正常に稼働しないということを記しています。インストール先は通常初期設定のままにするので「OK」ボタンを押下します。

XAMPPインストール警告メッセージ

インストールするソフトウェアの選択

XAMPPのインストールを開始する画面が表示されるので「Next」ボタンを押下します。

XAMPPのインストール開始

 

次にインストールするコンポーネント(ソフトウェア)を選択する画面が表示されます。不要なコンポーネントがある場合はチェックを外します。

今回は変更せずに「Next」ボタンを押下します。

XAMPP インストールするソフトウェアを選択

XAMPPをインストールする場所を指定

XAMPPをインストールする場所を指定します。特に変更がない場合は、そのまま「Next」ボタンを押下します。

XAMPPをインストールするフォルダを指定

XAMPPのインストールを開始する

Bitnamiに関する紹介をする画面が表示されるので「Next」を押下します。

※チェックボックスにを入れておくとブラウザが起動しBitnamiのサイトが表示されます。

XAMPP-Bitnami

 

XAMPPのインストールを開始する画面が表示されるので、「Next」ボタンを押下してインストールを開始します。

XAMPPのインストールを開始する

 

インストールが開始されるので、完了するまで待機します。

XAMPPインストール中

XAMPPのインストール完了

XAMPPのインストールが完了したら「Finish」ボタンを押下します。

※チェックボックスにチェックが入っていると、XAMPPが起動します。

XAMPPインストール完了

XAMPPの起動

XAMPPのインストール完了と同時にXAMPPが起動します。(チェックボックスをチェックしている場合のみ)

手動でXAMPPを起動する場合はインストール時に指定したフォルダの中にある「xampp-control.exe」を実行します。

XAMPPのコントロールパネル

ApacheとMySQLの起動

ApacheとMySQLの「Start」ボタンを押下して、ApacheとMySQLを起動します。正常に起動することができれば完了です。

XAMPPでapacheとmysqlを起動

すでにApacheやMySQLが入っている場合は、ポート番号が競合してエラーになることがよくあります。その場合は、ポート番号を変更するか、使ってないサービスを停止してから再実行してください。

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説