監視

ネットワーク

SNMPとは

SNMP(Simple Network Management Protocol)

SNMPとは

SNMP(Simple Network Management Protocol)とは、ネットワーク上にあるネットワーク機器を監視するためのプロトコルです。簡易ネットワーク管理プロトコルとも呼ばれています。

OSI参照モデル や TCP/IPの階層モデルではアプリケーション層で動作します。

SNMPを利用し、ネットワーク上にあるネットワーク機器を監視することで、仮にネットワーク機器に障害が発生した場合など、どのネットワーク機器で障害が発生したのかをすぐに突き止めることができます。

スポンサーリンク

SNMPマネージャとSNMPエージェント

SNMPは、SNMPマネージャとSNMPエージェントで構成されています。

SNMPマネージャは、ネットワーク機器を管理する側、そして SNMPエージェントはルータやスイッチ、サーバなどの管理される側のネットワーク機器です。

SNMPマネージャとSNMPエージェント

SNMPマネージャは定期的に、各SNMPエージェントにリクエストを送信(Get Request)し、SNMPエージェントから結果(Get Response)を受信することで、ネットワーク機器を監視しています。

また、各SNMPエージェントからTRAP (トラップ)と呼ばれる通知(何からの異常が生じた場合などに、SNMPエージェントからSNMPマネージャに送られる通知)を受信することで、ネットワーク機器の異常などを検知します。

SNMPメッセージ

SNMPでは次のようなメッセージでやり取りを行います。

メッセージ 説明
Get Request SNMPエージェントへOIDを指定して情報の提供を要求
GetNext Request SNMPエージェントへ直前に指定したOIDの次の情報の提供を要求
Get Response SNMPマネージャからの要求に対する応答
Set Request SNMPエージェントへOIDを指定して設定変更を要求
TRAP (トラップ) 何からの異常が生じた場合などに、SNMPエージェントからSNMPマネージャに送られる通知
Getbulk Request SNMPエージェントから高速に複数の管理情報を取得するときに使用
Inform SNMPエージェントからSNMPマネージャに通知する機能。TRAPとの違いは、SNMPマネージャに応答を要求する。
OIDとは、取得したい情報を識別するIDのことです。例えば、ネットワークインタフェース数を知りたい場合は「.1.3.6.1.2.1.2.1」を指定します。

情報収集(SNMPエージェントの監視)

SNMPマネージャは、管理しているSNMPエージェントに対して「Get Request」で取得したい情報の「OID」を指定して、SNMPエージェントの情報を収集します。

SNMPリクエスト

設定変更依頼

SNMPマネージャは、管理しているSNMPエージェントに対して「Set Request」で設定変更の要求をすることもできます。

セットリクエスト

異常通知

SNMPエージェントは、何らかしらの異常や変更が生じた場合などに、SNMPマネージャへ「TRAP」を使い通知します。「TRAP」を受信することでSNMPマネージャは障害などを検知することができます。

SNMPトラップ

SNMPのバージョン

SNMPには次の3つのバージョンが存在します。

バージョン 説明
SNMP version 1 SNMPの初期バージョン。Get Request、GetNext Request、Get Response、Set Request、TRAPの5つのSNMPメッセージをサポート。セキュリティ面で脆弱性が指摘されているバージョン。
SNMP version 2 機能性、セキュリティ、機密性が改善されたバージョン。ただしセキュリティ・システムが複雑であり、あまり採用されていないバージョン。Getbulk RequestとInformのSNMPメッセージが追加された。
SNMP version 3 SNMPの最新バージョンでセキュリティ面などが強化された。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説