コンピュータ

Webサーバとは

Webサーバ(ウェブサーバ)

Webサーバとは

サービスや機能を提供するコンピュータのことを「サーバ」といい、Web上でサービスや機能を提供するサーバのことを「Webサーバ」といいます。

Webとは「World Wide Web」の略で、インターネットを利用して情報を発信したり閲覧したりするための仕組みのことです。

 

一般的によく利用されている「クライアント・サーバシステム」のネットワークでは、サービスや機能を提供するサーバ(server)と、そのサービスや機能を利用するクライアント(client)に分かれています。

Webサーバ

私たちが日頃、利用しているインターネット上で公開されているブログやWebサイトは、Webサーバが管理しています。

スポンサーリンク

利用者のコンピュータ(クライアント)からWebサーバに対し、Webサイトを閲覧するための要求(リクエスト)を行い、その要求に対してWebサーバが応答(レスポンス)することでWebサイトやブログを閲覧することができます。

HTTPとは

利用者のコンピュータ(クライアント)とWebサーバ間の通信は、HTTP(Hypertext Transfer Protocol)と呼ばれる通信プロトコルを使用します。

通信プロトコルとは、通信する際のルール(決り事)のことです。

 

HTTPの通信は、利用者のコンピュータ(クライアント)から開始します。クライアントからHTTP リクエストを送り、WebサーバがクライアントにHTTP レスポンスを返す仕組みです。

HTTPイメージ図

上記はHTTPを利用した「http://×××.co.jp」のサイトを閲覧する際のイメージ例です。

クライアントはWebブラウザからWebサーバにHTTPリクエストを送信します。そして、Webサーバは「http://×××.co.jp」のサイト内容をクライアントに返却します。

このように、インターネット上にある様々なWebサイトが閲覧できるのは、HTTPという通信プロトコルにより実現しています。

HTTPSとは

HTTP通信は、通信内容が暗号化されていません。仮に通信内容を盗聴された場合、通信内容が丸見えです。クレジットカードやパスワードのような大切な情報が漏洩する危険性があるのです。

そこで、HTTP通信の内容を暗号化するのが「HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)です。

HTTPSによる盗聴防止

HTTPSを使い通信内容を暗号化することで、仮に第三者に通信内容を盗聴されても、暗号化されているため、第三者が通信内容を解読することは困難です。

HTTPS自体は単体の通信プロトコルではなくSSL/TLSによって提供されるセキュア(安全)な接続の上でHTTP通信を行うことを「HTTPS」と呼んでいます。

SSL/TLSとは、インターネット上での通信を暗号化するための通信プロトコルです。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします