コンピュータ

Webサイトとは

Webサイト(ウェブサイト)

Webサイトとは、インターネット上に公開されているWebページの集まりで作られたサイトのことです。

次の図はWebサイトの例です。

webサイト

Webサイトには「トップページ」があり、「トップページ」の下に「各記事」のページや「お問い合わせ」ページなどが存在しています。

サイト内の各ページには他のページへ遷移するためのリンクやボタンが設置されており、これを辿ってページ間を互いに行き来できるようになっています。

スポンサーリンク

Webサイトの個々のページのことを「Webページ」と呼び、この「Webページ」の集まりが「Webサイト」です。

Webサイトとは

URLとドメイン

Webページは、URL(インターネット上でWebページの所在を表すもの)を指定することで、Webブラウザ上で閲覧することができます。

例えば、本WebサイトのトップページのURLは「https://medium-company.com」です。WebブラウザのURLに「https://medium-company.com」を指定することで、本Webサイトのトップページを閲覧することができます。

 

URLの形式は次の通りです。

URLとは

スキーム名には「http:」や「ftp:」のように、情報資源をどう取得するかの方法を記述します。Webページを閲覧する際は「http:」もしくは「https:」を指定します。

そして、ホスト名(ドメイン名)には、Webページを管理しているドメインを指定します。ドメインとは、インターネット上の住所です。

最後にパス名は、表示するWebページの場所をしています。

大まかにいえば、上記のURLは「medium-company.com」のコンピュータに接続し「HTTP」の決り事に従って「url」というWebページを表示させるという内容です。

ホームページとWebサイトの違い

Webサイトと同じような言葉に「ホームページ」があります。

ホームページとWebサイトは同じ言葉のように使われていますが、ホームページはWebサイトのトップページや、起動時に表示されるように設定されたWebページのことをいいます。

ホームページとWebサイトの違いは次の通りです。

  • Webサイト:Webページの集まり
  • ホームページ:Webサイトのトップページや最初に表示されるWebページ

 

ただし「ホームページ=ウェブサイト、ウェブページ」という認識が広く浸透しているため、ほぼ同じ意味の言葉として利用されることも多いです。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説