情報処理

URLとURIの違い

はじめに

普段インターネットでWebサイトを見ていると「http://~(https://~)」から始まるURLと呼ばれるものをよく目にします。

本サイトのURLは「https://medium-company.com」です。Webサイトには、必ずサイトの所在を示すURLが付与されています。

このURLと似たような言葉にURIがあります。このURIもURLと同じようにサイトなどの情報資源(リソース)を識別する情報のことです。

スポンサーリンク

では、URIとURLの違いとは何なのか。意外にわからなくてインターネットで調べたことがある人も多いのではないでしょうか。

本記事では、URIとURLの違いについて紹介しています。

URIとURLの違いとは

URIとURLの違いを簡単に説明すると、URIはURLとURNの総称ということです。

インターネット上に存在するリソース(情報資源)を特定するための情報には、URLとURNがあります。URLはリソースの位置を特定するもの、URNは名前を特定するものです。

URIとは

URL、URN、URIを英字表記するとその違いはよくわかります。

URLを英字表記すると「Uniform Resource Locator」であり、Locatorとは土地などの賃貸人や位置をあらわす英単語

URNを英字表記すると「Uniform Resource Name」であり、Nameは名前をあらわす英単語

URIを英字表記すると「Uniform Resource Identifier」であり、Identifierとは識別子をあらわす英単語

このように、URLはリソースの位置を特定する情報、URNはリソースの名前を特定する情報、URIはリソースを一意に識別する情報(位置と名前を特定する)なのです。

ポイント

「URI」は「URL」と「URN」の総称

URLの形式

URLは次のような形式です。

普段インターネットでWebサイトを見ているとよく目にする情報です。

URLとは

スキーム名には「http:」や「ftp:」のように使用するプロトコルを指定します。ただし「file:」のようにプロトコル名ではないスキーム名もあります。

ホスト名(ドメイン名)は、リソースを管理している場所を示しています。本サイトのドメイン名は「medium-company.com」であり、本サイトのリソースは「medium-company.com」で管理されています。

最後のパス名は、リソースを特定するためのパス情報です。

 

「https://medium-company.com/url/」というURLを大まかに説明すると、「medium-company.com」が管理している「url」というリソースを「https」というプロトコルを使用して表示させるという意味です。

URNの形式

URNは次のような構成です。URLとは違いあまり目にしない情報です。

URNとは

"urn:"から始まり、NID(名前空間識別子)とNSS(名前空間固有文字列)と呼ばれる文字列で構成されています。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説