SWOT分析

システム開発

SWOT分析とは

SWOT分析

SWOT分析とは、自社の強みと弱みを分析するための手法であり、次の4つの言葉の頭文字からつけられた言葉です。

  • Strengths(強み)
  • Weaknesses(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Threats(脅威)

この4つのカテゴリーを視点にして、経営戦略や事業計画の現状分析を行うのがSWOT分析です。

SWOT分析を構成する4つの要素

SWOT分析

SWOT分析で使用する4つの要素は、上記図のように内部環境・外部環境、そしてプラス要素、マイナス要素に分けられます。

内部環境を構成する要素には、プラス要因に「強み」、マイナス要因に「弱み」があり、社内の「強み」と「弱み」を分析します。

外部環境を構成する要素には、プライス要因に「機会」、マイナス要因に「脅威」があり、新しいビジネスを考えられる環境の変化や競合他社の動きなどによる「機会」と「脅威」を分析します。

クロスSWOT分析

各要素の分析ができたら、内部環境と外部環境を掛け合わせた4通りの組み合わせのそれぞれのについて、どのような施策が考えられるか検討します。

クロスSWOT分析

  • 強み×機会:自社の強みを使い、事業機会を活かするにはどうすればよいのかを考える。
  • 強み×脅威:自社の強みを使い、どのように脅威を回避するのかを考える。
  • 弱み×機会:自社の弱みによって、事業機会を逃さないようにするにはどうすればよいかを考える。
  • 弱み×脅威:自社の弱みと脅威によって、起こりうる最悪の事態とその回避方法を考える。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説