リモート操作

ネットワーク

SSHとは

SSH(Secure Shell)

SSHとは

SSH(Secure Shell)とは、暗号や認証の技術を利用して、遠隔地にあるサーバやルータなどを安全にリモート操作する際に使用するプロトコルです。

SSHでは、リモート操作するサーバの認証情報を含め、すべての通信を暗号化して通信を行います。

また、SSHには SSH1(バージョン1)と SSH2(バージョン2)の2種類のバージョンが存在しています。 ただし、SSH1(バージョン1)には脆弱性が発見されているため、SSH1(バージョン1)の利用は推奨されていません。

Telnetとの違い

リモート操作で有名なプロトコルである「Telnet(Teletype network)」との主な違いは通信内容を暗号化するかどうかです。

telnetのイメージ

Telnetは、リモートするサーバの認証情報を含め、すべての通信を暗号化せずに平文のまま通信を行います。そのため、通信内容を盗聴されると サーバの認証情報や サーバとの通信内容が簡単に盗まれてしまう危険性があります。

SSHのイメージ

SSHは、Telnetとは違い通信内容を暗号化しているので、仮に盗聴されても内容を解析することは困難です。

\ 参考になりましたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説