SQL

【SQL】CREATE TABLEの使い方(テーブルの作成)

CREATE TABLEの基本構文

SQLの「CREATE TABLE」を使うことで、データベースにテーブルを作成することができます。

CREATE TABLEの基本構文

CREATE  TABLE  テーブル名  (
カラム名  データ型  オプション,
・・・
);

本記事では「CREATE TABLE」を用いてデータベースに新規テーブルを作成する方法について解説しています。

スポンサーリンク

CREATE TABLEの書き方

【例1】テーブル作成 プライマリキー付き

以下は「sample」テーブルを作成する例です。

[sampleテーブル]

カラム名 データ型 NULL許容 その他
id INT しない PRIMARY KEY
name VARCHAR(45) する

■CREATE TABLEの実行例1

CREATE TABLE sample
(
    id INT NOT NULL,
    name VARCHAR(45),
    PRIMARY KEY ( id )
);

■作成したテーブルのカラム情報確認

> show columns from sample;
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type        | Null | Key | Default | Extra |
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
| id    | int         | NO   | PRI | NULL    |       |
| name  | varchar(45) | YES  |     | NULL    |       |
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
2 rows in set (0.01 sec)

【例2】テーブル作成 プライマリキーのオブジェクト名を明示的に指定

以下は「sample2」テーブルを作成する例です。

プライマリキーのオブジェクト名を明示的に指定する場合は「CONSTRAINT」を使用して、プライマリキーのオブジェクト名を指定します。

[sample2テーブル]

カラム名 データ型 NULL許容 その他
id INT しない PRIMARY KEY
name VARCHAR(45) する
sample_code CHAR(3) しない デフォルト '001'

■CREATE TABLEの実行例2

CREATE TABLE sample2
(
    id INT NOT NULL,
    name VARCHAR(45),
    code CHAR(3) DEFAULT '001' NOT NULL,
    CONSTRAINT pk_sample PRIMARY KEY( id )
);

■作成したテーブルのカラム情報確認

> show columns from sample2;
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type        | Null | Key | Default | Extra |
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
| id    | int         | NO   | PRI | NULL    |       |
| name  | varchar(45) | YES  |     | NULL    |       |
| code  | char(3)     | NO   |     | 001     |       |
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
3 rows in set (0.01 sec)

【例3】テーブル作成 プライマリキーが複数

以下は「sample3」テーブルを作成する例です。

プライマリキーを複数指定する場合は、プライマリキーにするカラムをカンマ区切りで指定します。

[sample3テーブル]

カラム名 データ型 NULL許容 その他
id1 INT しない PRIMARY KEY
id2 INT しない PRIMARY KEY
name VARCHAR(45) する

■CREATE TABLEの実行例3

CREATE TABLE sample3
(
    id1 INT NOT NULL,
    id2 INT NOT NULL,
    name VARCHAR(45),
    PRIMARY KEY ( id1, id2 )
);

■作成したテーブルのカラム情報確認

> show columns from sample3;
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type        | Null | Key | Default | Extra |
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
| id1   | int         | NO   | PRI | NULL    |       |
| id2   | int         | NO   | PRI | NULL    |       |
| name  | varchar(45) | YES  |     | NULL    |       |
+-------+-------------+------+-----+---------+-------+
3 rows in set (0.01 sec)


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします