開発

EclipseでSpring Bootの環境構築 | 分かりやすく図解で説明

EclipseでSpring Bootの環境構築

EclipseでSpring Bootの環境構築手順

Spring Bootとは、Spring FrameworkをベースとしたWebアプリケーションを手軽に作成することができるフレームワークです。

スポンサーリンク

本記事では、Spring Bootを使用したWebアプリケーションの開発環境構築手順を紹介します。

◆構築する開発環境

開発環境 名称 説明
開発言語 Java 人気の開発言語
開発ツール Eclipse Javaでの定番開発ツール
フレームワーク Spring Boot 人気のSpringフレームワークをベースとしたフレームワーク
テンプレートエンジン Thymeleaf Spring Bootと相性が良いテンプレートエンジン
データベース MySQL フリーで利用できる人気データベース

事前準備

Java、Eclipseのインストール

まずは開発言語であるJavaと、開発ツールであるEclipseのインストールを行います。

インストール手順はこちら ⇒ Eclipseのインストール手順 | 分かりやすく図解で説明

MySQLのインストール

次にデータベースであるMySQLのインストールを行います。

インストール手順はこちら ⇒ MySQLのインストール手順 | 分かりやすく図解で説明

Spring Tool Suite(STS)のインストール

Spring Bootのプロジェクトを簡単に作成できるプラグインであるSpring Tool Suite(STS)のインストールを行います。

インストール手順はこちら ⇒ Spring Tool Suite(STS)のインストール手順 | 分かりやすく図解で説明

Spring Bootプロジェクトの作成

1. 新規プロジェクトの作成

Eclipseを起動して「ファイル(F)」⇒「新規(N)」⇒「プロジェクト(R)...」をクリックします。

springbootプロジェクト作成手順1

2. Springスターター・プロジェクトの選択

新規プロジェクトのウィザードの選択画面が表示されるので、「Spring Boot」⇒「Springスターター・プロジェクト」を選択して「次へ(N)」を押下します。

STSインストール確認2

3. Spring Bootプロジェクトの基本設定

Spring Bootプロジェクトの基本設定を行います。

名称 説明
名前 Spring Bootのプロジェクト名
プロジェクトをビルドするためのツール。以下の2種類があるので、お好みのビルドツールを選択

■Maven

「pom.xml」ファイルでビルドする内容を管理

■Gradle

「build.gradle」ファイルでビルドする内容を管理

パッケージング プログラムを実行・配布する時のパッケージングの方式。以下の2種類があるので、お好みのパッケージ方式を選択

■JAR

Java プログラムの実行に必要なクラスファイルや設定ファイルがまとめられているアーカイブ。ライブラリはこの形式で配布されている事が多い。ライブラリを作る場合は、JAR形式を選択する。

■WAR

Webアプリで利用されるクラスファイル、設定ファイル、HTMLファイル、JAR形式のライブラリなどがまとめられているアーカイブ。アプリケーションサーバにWARファイルを配布すると、これを元にデプロイされる。Webアプリケーションを作る場合は、WAR形式を選択する。

Javaバージョン Spring Bootプロジェクトで使用するJavaのバージョンを選択
言語 Spring Bootプロジェクトで使用する言語を選択。選択できる言語はJavaのプラットフォーム上で動作する「Java」「kotlin」「groovy」

今回は、型は「Gradle」、パッケージング「War」、Javaバージョン「12」、言語「Java」を選択します。

パッケージ名などはサンプルプロジェクトなのでデフォルトのままにしますが、本来は適切な値に変更します。

Spring Bootプロジェクトの基本設定

スポンサーリンク

4. Spring Bootバージョン、使用する機能の選択

Spring BootのバージョンとSpring Bootプロジェクトで使用する機能を選択します。後からで「build.gradle」ファイルで設定を変える事が出来ますが、使う事が分かっている機能はここで選択しておいた方が楽なので、必要な機能を選択します。

使用するSpring Bootのバージョンと機能を選択して「次へ」を押下します。

本記事では、バージョンはデフォルトのままで、機能は以下を選択し「次へ」を押下します。

  • 「SQL」⇒「JAP」
  • 「SQL」⇒「MySQL」
  • 「SQL」⇒「MyBatis」
  • 「テンプレート・エンジン」⇒「Thymeleaf」
  • 「Web」⇒「Web」

※SQL操作は、簡単なSQLは「JAP」、複雑なSQLは「MyBatis」を使用する想定

Spring Bootで使用する機能の選択

5. Spring Bootプロジェクトを作成する

「完了」ボタンを押下してSpring Bootプロジェクトを作成します。

Spring Bootプロジェクトの作成

6. 作成されたSpring Bootプロジェクトの「build.gradle」の内容確認

作成されたSpring Bootプロジェクトの「build.gradle」ファイルの内容を確認してみます。先ほど選択した機能が設定されているので、今後、機能の追加や変更したい場合は「build.gradle」ファイルの内容を修正します。

Spring Bootの内容を確認

MySQLの接続設定

Spring BootプロジェクトにMySQLを使用する設定にしたので、MySQLの接続情報を設定します。※SQLを使用する設定にしていない場合は、本設定は不要です。

作成されたプロジェクトにある「application.properties」を開き、MySQLの接続情報を設定します。

MySQLの接続情報

 

■設定内容

spring.datasource.url=jdbc:mysql://localhost/sampledb?characterEncoding=UTF-8&serverTimezone=JST
spring.datasource.username=root
spring.datasource.password=password
spring.datasource.driver-class-name=com.mysql.cj.jdbc.Driver

 

■設定内容の内訳

名称 説明
url MySQLへの接続文字列

jdbc:mysql://ドメイン/データベース名?characterEncoding=文字コード&serverTimezone=タイムゾーン

username 接続データベースへログインするユーザ名
password 接続データベースへログインするパスワード
driver-class-name MySQLへ接続するためのドライバ名

スポンサーリンク

Spring Bootプロジェクトの起動

プロジェクトを右クリックして「実行(R)」⇒「Spring Bootアプリケーション」をクリックしてSpring Bootプロジェクトを実行します。

springboot起動

 

特にエラーが出力されなけらば、Spring Bootプロジェクトの実行は成功です。

※もし「spring.jpa.open-in-view is enabled by default. Therefore, database queries may be performed during view rendering. Explicitly configure spring.jpa.open-in-view to disable this warning」の警告が出力される場合は、「application.properties」に「spring.jpa.open-in-view= true」を追加して、再度Spring Bootプロジェクトの実行をしてみてください。

起動画面

 

終わりに

本記事では「EclipseでSpring Bootの環境構築」を行う手順について紹介しました。

次回から、Spring Bootプロジェクトを使用して実際にWebアプリケーションを作成する手順を紹介します。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.