Spring Boot+Thymeleafで”Hello World”を作成する

Java Spring Boot

Spring Boot+Thymeleafで”Hello World”を作成する

Spring Bootプロジェクトの作成

まずはSpring Bootプロジェクトを作成します。

Spring Bootプロジェクトの作成手順はこちら ⇒ EclipseでSpring Bootの環境構築 | 分かりやすく図解で説明

スポンサーリンク

パッケージ(ディレクトリ)構成

パッケージ構成は以下の通り。

springSample
 └─src
    └─main
        ├─java
        │  └─com
        │      └─example
        │          └─demo
        │             └─ controller
        │                  HelloWorldController.java
        └─resources
            └─templates
                    index.html

HTMLの作成

「resources」-「templates」配下にindex.htmlを作成します。

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
  <head>
    <title>Hello</title>
    <meta charset="utf-8" />
  </head>
  <body>
    <h1>第一章 Spring Boot+Thymeleaf で”Hello World”を作成する</h1>
    <h2><span th:text="${message}"></span></h2>
  </body>
</html>

コントローラの作成

com.example.demo.controllerパッケージ配下にHelloWorldController.javaを作成します。

package com.example.demo.controller;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

@Controller
public class HelloWorldController {
    @RequestMapping(value = "/", method = RequestMethod.GET)
    public String helloWorld(Model model) {
        model.addAttribute("message", "Hello World!!");
        return "index";
    }
}

Spring Bootプロジェクトの起動

プロジェクトを右クリック→「実行」→「Spring boot アプリケーション」を選択してSpring Bootプロジェクトを起動します。

ブラウザで「http://localhost:8080/」にアクセスすると、以下のような画面が表示されれば完了です。

Hello World

Hello Worldの解説

テンプレート・エンジン「Thymeleaf」を使用してHelloWorldが表示されるまでの、処理の流れは以下の通り。

  1. ブラウザでhttp://localhost:8080/にアクセスします。
  2. はじめにコントローラが動き出します。動き出す条件はアクセスしたurl("/")と@RequestMappingにあるvalue("/")が一致するメソッドが動き出します。今回はhelloWorldメソッドが動作しました。
  3. 次にtemplates配下にあるHTMLの生成を行います。helloWorldの戻り値「index」の名前と一致するhtmlを生成します。今回は「index.html」が生成されました。htmlで設定した${message}はコントローラで設定した内容が代入されます。

 

上記の流れの通りテンプレート・エンジン「Thymeleaf」は初期表示時に、コントローラが動きHTMLを生成する流れです。

終わりに

本記事では「Spring Boot+Thymeleafで”Hello World”を作成」する手順について紹介しました。

次回からはデータベースを利用したWebアプリケーションの作り方を紹介します。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.