コンピュータ

SCSI(スカジー)とは

SCSI(スカジー)

SCSIとは

SCSIとは、Small Computer System Interface(スモールコンピュータシステムインタフェース)の略で、コンピュータ本体にハードディスクやCD-ROM、イメージスキャナなど、様々な周辺機器の接続に使われていたインタフェースの規格のことです。

デイジーチェーンと呼ばれる接続形態で各機器を数珠繋ぎで接続します。

SCSIの接続イメージ

SCSIは、業界標準として広く普及していたSASI(Shugart Associates System Interface)を元に改良したものであり、1986年にANSI(米国国家規格協会)によって制定された最初の規格が登場しています。

主流がシリアル方式へと移っていったことで、パラレル方式のSCSIは利用されなくなり、パソコン本体と外部周辺機器の接続はシリアル方式であるUSBなどが利用されるようになっています。

シリアルとパラレルの説明はこちら

SCSIの規格

SCSIには次のような規格があります。

規格 伝送速度
SCSI-1(1986年に制定) SCSI 5MB/s
SCSI-2(1989年に制定) Fast10 10MB/s
FastWideSCSI 20MB/s
32bit FastWideSCSI 40MB/s
Ultra SCSI(1992年に制定) Ultra/Fast20 20MB/s
Ultra Wide 40MB/s
Ultra2 40MB/s
Wide Ultra2 80MB/s
Ultra160 160MB/s
Ultra320 320MB/s

パラレル方式のSCSI製品は2002年に登場した「Ultra320」で終了し、SCSI規格をシリアル化したSAS(Serial Attached SCSI)に一本化しています。