コンピュータ

SAS(サス)とは

SAS(サス)

SASとは

SAS(サス)とはSerial Attached SCSIの略で、コンピュータにハードディスクやSSDなどのストレージ機器を接続するためのインタフェースの規格のことです。主にサーバ向けのコンピュータ製品で利用されています。

※インタフェースは2つの物を繋げるための接続部分をあらわす言葉で、SASはコンピュータとストレージ機器を接続するために使用するコネクタ(ケーブル)の規格です。

Serial Attached SCSIのイメージ図

SASはSCSI(スカジー)規格の一種であり、それまではパラレル方式であったSCSI規格をシリアル化したもので、パラレル方式のSCSI製品として最後の規格である「Ultra-320 SCSI」の後継にあたる規格です。

シリアルとパラレルの説明はこちら

SASの規格

SASには次のような規格があります。

年度 規格 伝送速度(実効転送速度)
2003年 SAS-1.0 3Gbps(300MB/s)
2009年 SAS-2.0 6Gbps(600MB/s)
2013年 SAS-3.0 12Gbps(1.2GB/s)
2017年 SAS-4.0 22.5Gbps(2.4GB/s)

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら