システム開発

RFI(情報提供依頼書)とは

RFI(情報提供依頼書)

RFIは業者から情報提供してもらうための文書

RFIとはRequest For Informationの略で、企業・組織が業務の発注や業務委託を計画する際、発注先候補の業者に対してシステム化の目的や業務内容などを示し情報の提供を依頼すること(もしくは依頼する際の文書)です。

RFIイメージ図

発注元の企業は システム化の目的や業務内容などを示したRFI(情報提供依頼書)を発行し、発注先候補の業者に情報提供を依頼します。RFI(情報提供依頼書)の依頼を受けた業者は、会社情報、製品情報、実績などの情報を提供します。

RFIの詳細イメージ図

RFI(情報提供依頼書)を発行することで、発注先候補の企業情報(会社情報、製品情報、業務実績など)がわかり、また業者から必要なシステムに関連する情報を提供してもらうことで、適切なRFP(提案依頼書)作成に役立てることができます。

この情報は要件定義や発注先候補の選定に利用でき、一般的にはこれを元に自社の要求を取りまとめたRFP(提案依頼書)を作成し、具体的な提案と発注先の選定に移ります。

RFIは専門業者から必要な情報を提供してもらうことが目的

発注元の企業は、専門業者である発注先とは違い専門的な知識が不足していることも多く、そのため、自社で作ろうとしているシステムを実現するためには、どうすればよいか決めかねる場合があります。

また、取引をしたことがない専門業者に発注する場合、色々と不明点が多く必要な情報が不足していることもあります。

このようなときにRFI(情報提供依頼書)が役立ち、専門業者からシステムに必要な専門的な知識を提供してもらうことができます。そして、RFI(情報提供依頼書)の結果を確認することで、RFP(提案依頼書)を発行するべき業者であるかの業者選定をすることもできます。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説