メール

情報処理

POPとIMAPの違い

POPとIMAPの違い

POP(Post Office Protocol)とIMAP(Internet Message Access Protocol)はどちらもメールを受信する際に使用するプロトコルです。

では、何が違うのでしょうか。それはメールを保管している場所の違いです。

POPとIMAPの違いを説明する前に、まずはメール受信までの簡単な流れについて説明していきます。

スポンサーリンク

メール受信までの流れ

メール送受信の流れで登場するのは、メール送信者とメール送信者のメールサーバ、そしてメール受信者とメール受信者のメールサーバです。

メール送信

まずはメール送信者が「SMTP」を利用してメールを送信します。送信したメールは送信者のメールサーバに送られます。

メールを転送

メールを受け取った送信者のメールサーバは、宛先メールアドレスのドメイン(@以降のドメイン)からDNSより名前解決してIPアドレス(受信者メールサーバのIPアドレス)を取得します。

IPアドレスを取得したら受信者のメールサーバに「SMTP」を利用してメールを転送します。

送信されたメールは受信者のメールサーバが保管。そして、受信者は「POP」もしくは「IMAP」を利用してメールサーバにメールが届いていないかを定期的に問い合わせをおこないます。

この問い合わせには「ユーザ名」と「パスワード」情報が付与されており、メールサーバは「ユーザ名」と「パスワード」情報があっているかを確認し、認証が成功するとメールサーバが保管していたメールを受信者が受け取ることができます。

POPはメールサーバからメールをダウンロードする

POP3イメージ図

「POP」を利用してメールを受信する場合の特徴は、メールサーバに届いたメールを受信者のコンピュータにダウンロードするところです。そのため、メールはダウンロードした受信者のコンピュータ内に保存され、POPでダウンロードされたメールはメールサーバには残りません

※ただし、メールサーバに一定期間メールを残すように設定することで、メールサーバにその期間の間メールを残すことも可能です。

IMAPはメールサーバのメールを閲覧する

IMAPイメージ図

「IMAP」を利用してメールを受信する場合の特徴は、受信者のコンピュータ内にメールをダウンロードする「POP」とは違い、メールサーバに届いたメールを閲覧するところです。

メールは常にメールサーバに保管され、受信者のコンピュータ内にはメールを保管しません。(※設定によりメールを受信者のコンピュータにダウンロードすることもできます。)

IMAPのメリットはメールサーバ上で、未読・既読といった操作も共有されているので、どの端末(パソコンやスマホなど)からメールを閲覧しても状態が変わらない(一元管理されている)ところです。

 

ただし、メールサーバにも容量の上限があるので、上限に達するとメールが受信できなくなります。そのため上限に達する前にメールサーバのメールを削除する必要があります。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説