システム開発

PDCAサイクルとは

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは「Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Act(改善)」を繰り返すことにより、継続的な業務の改善や効率化を図る手法のことです。

Plan、Do、Check、Actの頭文字を繋げてPDCA、そして4つのサイクルで構成されていることからPDCAサイクルと呼ばれています。

PDCAサイクル

目標を設定し、その目標に対して行動(実行)、そして行動した結果を分析して評価、最後に課題や問題などを改善し、再び目標を設定、このような一連のプロセスを繰り返し実行していくことで、レベルの向上 そして 大きな成功へと繋げることが期待できます。

PDCAサイクルは実際の業務でもよく使われる手法です。

スポンサーリンク

PDCAサイクルの「P」:Plan(計画)

Planとは、目標を設定し業務計画を作成する段階です。従来の実績や将来の予想などを元に、具体的な計画を立てます。

目標が曖昧だと評価する際にどう評価すればよいのか、評価基準が曖昧になってしまう危険性があるため、ここではなるべく明確な目標を立てます。

例えば「筋肉をつけたい」という曖昧な目標だと、評価する際に基準がありません。「筋肉をつけたい」という目標に対して、明確な計画(×曜日に腕立て伏せ:30回×3セット、腹筋:30回×3セットなど)があれば、目標が達成できたかどうかを評価することができます。

[例] 筋肉をつけるための具体的な計画を立てる。

PDCAサイクルの「D」:Do(実行)

Doとは、Planで立てた計画を実行していきます。

Planで立てた計画通りに行動することで、効果的な計画だったのか、もっと改善点があるのかなど、次の段階で評価できるように記録に残しておくことが大切です。

[例] 計画通りに筋トレを実施。

PDCAサイクルの「C」:Check(評価)

Checkとは、Planで立てた計画通りに実行できたのかを評価する段階です。

計画通りに実行できたのか、目標が達成できたのかなどを評価し、目標が達成されていない場合は、何が問題だったのか原因を究明していきます。

また、失敗時だけではなく成功時の要因を分析することも大切です。

[例] 計画で立てたダンベルの重さが軽かったので、あまり筋肉がつかなかった。

PDCAサイクルの「A」:Act(改善)

Actとは、Planで立てた計画を改善していく段階です。

Checkで評価した内容から、良かった部分は継続悪かった部分はどのように改善するべきか考え、次回へと生かしていきます。

[例] 次回はダンベルをもう少し重くしよう。

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説