OpenJDKのインストール手順

Java

OpenJDKのインストール手順 | 分かりやすく図解で説明

AdoptOpenJDKのインストール手順

今まではJavaといえば、OracleのJavaを使用する事が当たり前でした。しかしJDK8(java8)の商用サポート期限が2019年1月で終了し、OracleのJavaは有償化されることになりました。

スポンサーリンク

OracleのJavaが有償化されたことにより、無料でJavaを利用する場合、OpenJDKというJavaを利用することです。OpenJDKはOracleも提供していますが、Oracle以外の企業も提供しています。そして提供している企業によりサポート内容も変わります。

 

本記事では、サポート期間が4年と最も長い(2019年4月時点)IMBが支援するAdoptOpenJDKのインストール手順を紹介します。

OpenJDKのダウンロード

まずはOpenJDKのダウンロードを行います。

AdoptOpenJDKのダウンロードは以下のサイトから行います。

https://adoptopenjdk.net/

1. ダウンロードするバージョンとJVMを選択

ダウンロードするOpenJDKのバージョンとJVMを選択します。バージョンに指定がある場合は、そのバージョンを選択してください。特に指定がない場合は、最新バージョンを選択します。

JVM(Javaを動作させるためのソフトウェア)も同様に指定がある場合は、指定されたJVMを、特に指定がない場合はOpenJDK仕様に則ったJVMである HotSpot を選択します。

OpenJDKダウンロード手順1

2. ダウンロード開始、ダウンロードが完了するまでしばらく待つ

「Latest release」ボタンを押下してダウンロードを開始します。ダウンロードには少し時間がかかるので、ダウンロードが完了するまでしばらく待機します。

OpenJDKダウンロード手順2

OpenJDKのインストール

1. ダウンロードしたインストーラの実行

ダウンロードした「OpenJDK12U-jdk_x64_windows_hotspot_12.0.1_12.msi」(ファイル名はダウンロードしたバージョンにより異なる)ファイルを実行します。

OpenJDKインストール手順1

(1) セットアップウィザード画面が表示されるので、「次へ」を押下します。

 

OpenJDKインストール手順2

(2) 使用許諾契約書が表示されるので、同意にチェックして「次へ」を押下します。

 

OpenJDKインストール手順3

(3) インストールする機能と場所の選択画面が表示されます。特に変更の必要がなければ「次へ」を押下します。

 

OpenJDKインストール手順4

(4) インストール準備完了画面が表示されるので、「インストール」を押下しインストールを開始します。

 

OpenJDKインストール手順5

(5) OpenJDKのインストールが開始されるので、完了するまで待機します。

 

OpenJDKインストール手順6

(6) インストールが完了したら「完了」を押下します。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.