Java入門

【Java入門】メソッドの使い方

はじめに

前回の記事では、Javaのクラスについて紹介しました。

本記事では、Javaのメソッドについて紹介します。

メソッドとは

メソッドとは、クラス内に書かれた処理(いくつかの処理をまとめたもの)のことです。

メソッドには、処理を実行するための条件である「引数」(パラメータ)を渡すことができます。そして、処理の実行結果を「戻り値」として返却します。

※複数の引数を指定する場合は「total(int a, int b)」のようにカンマ区切りで指定します。また引数を指定しない場合は「total()」のように記述します。

[メソッドの書き方例]

Javaのメソッド例

上記例では、戻り値の型を「int型」で定義しているので、戻り値は「int型」で返却します。

メソッドの使用例

それでは、実際にソースコードでメソッドの使用例を紹介します。

スポンサーリンク

例えば、次のようなクラス「Calculation」の中にメソッド「total」があるとします。メソッド「total」の引数はint型の配列、戻り値はint型です。

[メソッドの例]

/**
 * 計算クラス
 */
public class Calculation {

    /**
     * スコアの合計値を求める
     * @param scoreList 複数のスコア
     * @return 合計値
     */
    public int total(int[] scoreList) {
        int totalScore = 0;
        
        for(int score : scoreList) {
            // スコアを加算
            totalScore += score;
        }
        
        // 合計値を返却
        return totalScore;
    }
}

 

そして、以下のクラス「MethodSample」では、Calculationクラスのオブジェクトを生成(インスタンスを生成)し、Calculationクラスのメソッド「total」を実行しています。

メソッド「total」の引数に配列「scoreList」を指定し、int型の変数「totalScore」でメソッド「total」の実行結果を受け取っています。

[メソッドの使用例]

public class MethodSample {

    public static void main(String[] args) {
        int[] scoreList = {2,4,5};
        
        // Calculationクラスのオブジェクトを生成
        Calculation cal = new Calculation();
        
        // メソッドの実行
        int totalScore = cal.total(scoreList);
        
        // 合計スコアを出力
        System.out.println("合計スコア:" + totalScore);

    }
}

[実行結果]

合計スコア:11

戻り値なしのメソッド(void)

メソッドの戻り値がないときは、戻り値の型に「void」と記述します。

[voidの記述例]

public class VoidSample {

    public void print() {
        System.out.println("値を出力します");
    }
}

mainメソッド

mainメソッドとは、プログラムを実行するとき最初に動き出すメソッドのことです。mainメソッドは1つのクラスに1つだけ記述することができます。

mainメソッドの書き方

public static void main(String[] args) {

// 処理を記述

}

mainメソッドの戻り値は「void」です。そして 引数にはStringの配列を指定します。

 

それでは、ソースコードで「main」メソッドの実行例を紹介します。

[mainメソッドの例]

public class MainSample {

    public static void main(String[] args) {
        
        for(String param : args) {
            System.out.println("引数の値:" + param);
        }
    }
}

上記のクラス「MainSample」に引数を指定して実行します。

> java MainSample 入力1 入力2

[実行結果]

引数の値:入力1
引数の値:入力2
引数の値が出力されました。

終わりに

本記事では、Javaのメソッドについて紹介しました。

次回の記事では、Javaのコンストラクタについて紹介します。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら