Java入門

【Java入門】Java APIとは

はじめに

前回の記事では、Javaの例外について紹介しました。

本記事では、Java APIについて紹介します。

Java APIとは

Java APIとは、開発を行うために用意された便利な機能(標準API)のことです。

Javaで開発するときは、すべてを1から実装するのではなく、標準で用意されているAPIを使います。標準で用意されたAPIを使うことで効率よく開発することができます

例えば、Javaのバージョン11で提供されているAPIは以下のサイトから確認できます。

https://docs.oracle.com/javase/jp/11/docs/api/

Java APIは「Java API」もしくは「Java 11 API」(※11はバージョン。バージョンを指定することで指定したバージョンのAPIが検索結果に表示される)と検索エンジンで検索すると、検索結果の上位に表示されます。

Java APIにはたくさんの機能が用意されています。その中でよく使う機能の一部を紹介します。

基本クラス

スポンサーリンク

文字列を扱う「String」クラス

文字列の型を表す String は Java API が提供しているクラスです。

Stringでよく利用する便利なメソッドは次のとおりです。

文字列の長さを返す「length」

Stringクラスに用意されている「length」メソッドを使うことで、文字列の長さを取得することができます。

[lengthの使用例]

public class StringLengthSample {

    public static void main(String[] args) {
        String value = "あいうえお";
        System.out.println("文字列の長さ:" + value.length());
    }
}

[実行結果]

文字列の長さ:5

文字列の一部を切り出す「substring」

Stringクラスに用意されている「substring」メソッドを使うことで、文字列の一部を切り出すことができます。

substringには次の引数を指定できます。

public String substring​(int beginIndex)

public String substring​(int beginIndex, int endIndex)

「beginIndex」は開始位置「endIndex」は終了位置であり「beginIndex」のみを指定した場合は「beginIndex」~最後までを切り出し、両方指定した場合は「beginIndex」~「endIndex」-1を切り出します。(位置は0から数える)

[substringの使用例]

public class StringSubstringSample {

    public static void main(String[] args) {
        String value = "あいうえお";
        System.out.println("あいうえお.substring(2) → " + value.substring(2));
        System.out.println("あいうえお.substring(2,4) → " + value.substring(2,4));
    }
}

[実行結果]

あいうえお.substring(2) → うえお
あいうえお.substring(2,4) → うえ

文字列を比較する(equals)

Stringクラスに用意されている「equals」メソッドを使うことで、文字列を比較することができます。

Stringクラスの比較は「==」ではなく、equalsメソッドを使います。※ただしStringクラスがnullかを判断するときは「==」を使います。

[equalsの使用例]

public class StringEqualsSample {

    public static void main(String[] args) {
        String a = "あいうえお";
        String b = "かきくけこ";
        
        if (a != null) {
            if (a.equals(b)) {
                System.out.println("一致します");
            } else {
                System.out.println("一致しません");
            }
        }
    }
}

[実行結果]

一致しません

文字列に型変換する(valueOf)

Stringクラスに用意されているstaticメソッド「valueOf」を使うことで、String型に型変換(キャスト)することができます。

次の例では、int型をString型に変換しています。

int num = 1;
String value = String.valueOf(num);

ラッパークラス

Javaでは、intやdoubleなどの基本データ型(プリミティブ型)に対応したクラスが用意されています。これらのクラスのことをラッパークラスといいます。

スポンサーリンク

ラッパークラスは、基本のデータ型に対する便利なメソッドが用意されています。またラッパークラスはクラスなのでnullを代入することができます。(intやdoubleなどの基本データ型にはnullは代入できない)

基本データ型 ラッパークラス
byte Byte
short Short
int Integer
long Long
float Float
double Double
char Character
boolean Boolean

 

ラッパークラスでよく利用する便利なメソッドは型変換(キャスト)です。

次の例では、int型のラッパークラス「Integer」に用意されているstaticメソッド「parseInt」でString型の文字列をint型に変換しています。

String value = "1";
int num = Integer.parseInt(value);

コレクションクラス

Listを扱う「ArrayList」クラス

ArrayListクラスは要素数が決まっていない動的な配列で、コレクションの中でもよく使用されるクラスです。ArrayListクラスには便利なメソッドが用意されており、リスト操作を簡単に行うことができます。

[ArrayListの主なメソッド]

メソッド 説明
add() リストに要素を追加
get() 指定した位置の要素をリストから取得
indexOf() リストに格納されている要素の位置を取得
size() リストのサイズを取得
remove() 指定した位置の要素をリストから削除
clear() リストの要素をすべて削除

[ArrayListの使用例]

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class ListSample {

    public static void main(String[] args) {
        List<String> list = new ArrayList<String>();
        
        // 要素の追加
        list.add("あいうえお");
        list.add("かきくけこ");
        list.add("さしすせそ");
        
        // 指定した位置の要素を取得
        String value = list.get(0);
        System.out.println("リストの0番目の値は\"" + value + "\"");
        
        // 要素の位置を取得
        int index = list.indexOf("かきくけこ");
        System.out.println("\"かきくけこ\"はリストの" + index + "番目");

        // リストのサイズを取得
        int length = list.size();
        System.out.println("リストのサイズは" + length);
        
        // 指定した位置の要素を削除
        list.remove(0);
        System.out.println("要素削除後のリストのサイズは" + list.size());
        
        // すべての要素を削除
        list.clear();
        System.out.println("すべての要素削除後のリストのサイズは" + list.size());
    }
}

[実行結果]

リストの0番目の値は"あいうえお"
"かきくけこ"はリストの1番目
リストのサイズは3
要素削除後のリストのサイズは2
すべての要素削除後のリストのサイズは0

日付クラス

日付を扱う「Date」クラス

Dateクラスを使うことで日付を扱うことができます。Dateクラスのオブジェクトを生成することで、現在の日時を取得することができます。

[Dateクラスの使用例]

import java.util.Date;

public class DateSample {

    public static void main(String[] args) {
        Date date = new Date();
        System.out.println(date);
    }
}

[実行結果]

Wed May 12 00:28:21 JST 2021
日付を扱うクラスには「Date」クラス以外には「Calendar」クラスなどがあります。


【Javaおすすめ書籍】




定番の絵本シリーズ。
説明をイラストで解説しているので、非常にわかりやすく、Javaの基本を覚えるのに役立つ参考書です。





たった1日で基本が身に付くシリーズ。
開発環境の構築からはじまり、Javaの基本を覚えるのに役立つ参考書です。


よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説