Java入門

【Java入門】Java開発環境の構築

はじめに

前回の記事では、Javaについて紹介しました。

本記事では、Javaの統合開発環境(コンパイラ・エディタ・デバック機能などがセットになったツール)であるEclipseを使い、Javaの開発環境を構築し簡単なプログラム作成を紹介しています。

Eclipseのダウンロード

Eclipseのダウンロードは以下のサイトからおこないます。

https://mergedoc.osdn.jp/

【手順1】ダウンロードするバージョンを選択する

ダウンロードするEclipseのバージョンを選択します。

バージョンに指定がある場合はそのバージョンを選択してください。特に指定がない場合は、最新バージョンを選択します。

Eclipseのダウンロードするバージョンを選ぶ

【手順2】ダウンロードするパッケージを選択

ダウンロードするパッケージを選択します。

パッケージには色々なものが入っている「Full Edition」と、通常の「Standard Edition」が存在します。「Full Edition」を選択すると、Java開発で必要なJDK(Java Development Kit)も含まれているので、今回は、Javaの「Full Edition」を選択します。

ダウンロードするEclipseのパッケージを選択

ただし「Full Edition」は使わないものまでダウンロードされ容量も大きいので、必要なものをお好みでインストールしたい方は「Standard Edition」を選択してください。

「Standard Edition」を選択した場合の手順は、以下の記事で紹介しています。

【手順3】ダウンロードが完了するまでしばらく待機

「Full Edition」は容量が大きいので、ダウンロードが完了するまでしばらく待機します。

スポンサーリンク

【手順4】ダウンロードしたファイルを任意の場所に解凍する

ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍します。

今回の例では「C:\work」配下に解凍しています。

ダウンロードしたファイルを任意の場所に解凍

Javaプロジェクトの作成

【手順1】Eclipseを起動する

「C:\work\pleiades\eclipse」配下(※C:\work配置した場合)にある「eclipse.exe」ファイルを実行してeclipseを起動します。

eclipse.exeを実行する

【手順2】workspaceを選択

workspace(作業フォルダ)の選択画面が表示されるので、変更がある場合は任意の場所を指定します。特に変更がなければそのまま「起動」ボタンを押下します。

workspaceを選択

これでEclipseの起動は完了です。

Eclipse起動完了

【手順3】Javaプロジェクトの作成

「ファイル(F)」→「新規(N)」→「Javaプロジェクト」をクリックします。

Javaプロジェクトの作成

 

Javaのプロジェクト名に任意の値を設定し「完了」ボタンを押下します。今回の例では「SampleProject」と入力しています。

また、Javaのバージョンに指定がある場合は、任氏のバージョンを指定します。今回は特に指定はないのでデフォルトのままとします。

Javaプロジェクト名の入力

 

Javaのバージョンが9以降の場合は、module-info.javaの作成画面が表示されます。Javaのモジュールシステム(Project Jigsaw)を利用する場合はモジュール名を入力します。

今回は使用しないので「作成しない」をクリックします。

module-info.java

 

これでJavaプロジェクトの作成は完了です。

Javaプロジェクト作成完了

Javaクラスの作成

【手順1】新規パッケージの作成

次の「src」を右クリックして「新規(w)」→「パッケージ」をクリックします。

新規パッケージの作成

 

任意のパッケージ名を入力し「完了」ボタンを押下します。今回の例では「demo」と入力しています。

パッケージ名の入力

【手順2】Javaクラスの作成

作成したパッケージを右クリックし「新規(W)」→「クラス」をクリックします。

クラスの作成

 

名前に任意のJavaクラス名を入力(今回の例では「Hello」)し、「public static void main(String[] args)(V)」にチェックをつけて「完了」ボタンをクリックします。

クラス名の入力

 

これでJavaのクラスは作成完了です。

Javaクラス作成完了

Javaプログラムの実行

それでは、Javaプログラムを実行していきます。

スポンサーリンク

Javaプログラムの作成

まずは先ほど作成した「Hello.java」に次のようなコードを入力します。"Hello World!"という文字列を出力するプログラムです。

package demo;

public class Hello {

    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World!");
    }
}
  • package demo:パッケージ名
  • public class Hello:クラス名
  • public static void main:プログラムはこのmain関数から始まる
  • System.out.println("Hello World!"):文字列を表示する命令文

Javaプログラムを作る

Javaプログラムの実行

「Hello.java」を右クリックし「実行(R)」→「Javaアプリケーション」をクリックし、Javaプログラムを実行します。

Javaプログラムの実行

 

Javaプログラムの実行結果は、コンソールに表示されます。「Hello World!」と表示されれば完了です。

実行結果

終わりに

本記事では、Java開発環境の構築、そしてJavaプログラムの実行方法について紹介しました。

次回の記事では、Javaの変数について紹介します。

次回の記事


【Javaおすすめ書籍】




定番の絵本シリーズ。
説明をイラストで解説しているので、非常にわかりやすく、Javaの基本を覚えるのに役立つ参考書です。





たった1日で基本が身に付くシリーズ。
開発環境の構築からはじまり、Javaの基本を覚えるのに役立つ参考書です。


よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説