環境構築

PHP

EclipseでPHPの開発環境を作成する | 分かりやすく図解で説明

XAMPPのインストール

XAMPPとは、PHPの開発で必要なソフトウェア(PHP、Apache、MySQLなど)やツールなどをまとめてパッケージ化してくれている便利な開発ツールです。

そのため、XAMPPをインストールするだけで、PHPの開発環境を整えることができます。

 

XAMPPのインストール手順はこちら ⇒ XAMPPのインストール手順 | 図解で分かりやすく説明

スポンサーリンク

Eclipseのインストール

続いてEclipseのダウンロードを行います。

Eclipseのダウンロードは以下のサイトから行います。

http://mergedoc.osdn.jp/

ダウンロードするEclipseのバージョンを選択

ダウンロードするEclipseのバージョンを選択します。バージョンに指定がある場合はそのバージョンを選択してください。特に指定がない場合は、最新バージョンを選択します。

ダウンロードするeclipseのバージョン選択

ダウンロードするパッケージを選択

ダウンロードするパッケージを選択します。必要な物が全て入っている「Full Edition」と通常の「Standard Edition」が存在します。「Full Edition」を選択するとPHPのバージョンが5.6になってしまうので(※2020/3月時点)、今回はPHPの「Standard Edition」を選択します。

Standard Editionを選択

ダウンロードしたzipファイルを解凍して任意の場所へ配置

ダウンロードした「pleiades-2019-12-php-win-64bit_20200213.zip」(※ファイル名はバージョンにより異なる)zipファイルを解凍し、「pleiades」フォルダを任意の場所に移動します。

次の例では「C:\php」配下に配置しています。

PHPのeclipseを配置

eclipse.exeを実行する

「C:\php\pleiades\eclipse」は配下にある(※先ほど配置した場所)「eclipse.exe」ファイルを実行してeclipseを起動します。

Eclipseを起動する

workspaceを選択し、Eclipseを起動する

作成したプロジェクトを保存する場所であるworkspaceをxamppの公開ディレクトリである「C:\xampp\htdocs」に変更して「起動」ボタンを押下します。

eclipseを起動

 

これでEclipse起動は完了です。

Eclipse起動完了

PHPの動作確認

スポンサーリンク

新規PHPプロジェクトの作成

「ファイル」→「PHPプロジェクト」を選択して新規のPHPプロジェクトを作成していきます。

phpプロジェクトの作成

 

続いて「プロジェクト名」を入力し、PHPのバージョンなどを設定し「完了」ボタンを押下します。

※PHPバージョンはXAMPPでイントールしたPHPのバージョンを指定。またJavaScriptを使う場合はJavaScriptサポートにチェックを入れる。

PHPプロジェクト作成画面

 

各項目の説明は次の通りです。

項目 説明
プロジェクト名 PHPプロジェクトの名前
内容 PHPプロジェクトを作成する場所を選択
PHPバージョン 使用するPHPのバージョンを選択
プロジェクト・レイアウト ソースやクラスファイルの配置場所を指定
JavaScript サポート JavaScriptのコード保管などのサポート機能を使用するかどうか
ワーキング・セット ワーキング・セットとはeclipseのプロジェクトをまとめる設定のこと。必要であれば設定

新規PHPファイルの作成

作成したPHPプロジェクトを選択しながら右クリック、「新規」→「PHPファイル」を選択します。

PHPファイルの作成

 

PHPファイル名を入力し「次へ」ボタンを押下します。

PHPファイル名の指定

 

HTMLファイルか単純なPHPファイルかの選択画面が表示されるので、用途に応じた内容を選択した「完了」ボタンを押下します。※今回の例では「New simple PHP file」を選択しています。

PHPファイルの種類

 

作成されたPHPファイルに次の内容を入力します。

<?php

$hello = "Hello World";
print ($hello);

phpinfo();

Apacheの起動

XAMPPのコントロールパネルから「Start」ボタンを押下してApacheを起動します。

Apacheを起動する

Apacheの起動に成功すると次のような画面が表示されます。

apache起動完了

PHPファイルの実行

実行するPHPファイルを選択しながら右クリック、「実行」→「PHP Webアプリケーション」を選択します。

PHPファイルの実行

 

実行するURLが表示されるので、そのまま「OK」ボタンを押下します。

実行するサーバの設定

 

これでPHPファイルの実行は完了です。※ブラウザ上でも確認することができます。

PHP実行完了

EclipseでPHPのデバッグを可能にする

Eclipse上でPHPファイルの実行はできましたが、まだ、デバッグすることは出来ません。

次はEclipseでPHPのデバッグを可能にする手順を紹介します。

スポンサーリンク

php.iniにXDebugの設定を追加する

XAMPPのコントロールパネルからApacheの「Config」→「PHP(php.ini)」を選択します。

php.iniの編集

php.iniファイルに次の設定を追加します。※xamppのパスは環境に応じて変更してください。

zend_extension = "C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll"
xdebug.profiler_append = 0
xdebug.profiler_enable = 0
xdebug.profiler_enable_trigger = 0
xdebug.profiler_output_dir = "C:\xampp\tmp"
xdebug.profiler_output_name = "cachegrind.out.%t-%s"
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_port = "9000"
xdebug.remote_handler = "dbgp"
xdebug.remote_host = "127.0.0.1"
xdebug.remote_mode = "req"
xdebug.trace_output_dir = "C:\xampp\tmp"

EclipseでXDebugの設定を追加する

Eclipseから「ウィンドウ」→「設定」を選択します。

eclipseの設定画面

 

設定画面の「PHP」→「サーバ」を選択、「Default PHP Web Server」を選択した「編集」ボタンを押下します。

デバッグの設定

 

「デバッグ」タグを選択し、デバッガーを「Xdebug」、ポートをphp.iniに設定した「9000」を入力し、「完了」ボタンを押下します。

デバッグ設定

PHPファイルをデバッグ実行する

PHPファイルにブレークポイントを付け、実行するPHPファイルを選択しながら右クリック、「デバッグ」→「PHP Webアプリケーション」を選択します。

PHPファイルをデバッグする

 

先ほど付けたブレークポイントに止まれば、デバッグ成功です。

PHPファイルをデバッグ実行

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説