取引

システム開発

【取引の形態】BtoB、BtoC、CtoCの違い

取引の形態

商品やサービスを取引する時に「誰」と「誰」が取引をするのかを表現する言葉に「B to B」や「B to C」などがあります。この「B to B」や「B to C」の「誰」という部分は英語の頭文字で表現します。

本記事では、取引の形態の種類について紹介しています。

取引形態のポイント

  • B:Business(企業)
  • C:Consumer(個人)
  • G:Government(政府や自治体)
  • E:Employee(従業員)

BtoB(Business to Business)

BtoBとは、Business to Business の略で、企業間の取引を示します。

「企業」が「企業」に向けて商品やサービスを提供する形です。

BtoB

BtoC(Business to Consumer)

BtoCとは、Business to Consumer の略で、「企業」と「個人」の取引を示します。

「企業」が「個人」に向けて商品やサービスを提供する形であり、私たちが普段買い物をするコンビニやスーパー、旅行、ホテル、ネットショッピングなど すべて「B to C」の事業です。

BtoC

CtoC(Consumer to Consumer)

CtoCとは、Consumer to Consumerの略で「個人」と「個人」の取引を示します。

「個人」が「個人」に向けて商品やサービスを提供する形であり、ネットオークションやフリマアプリによる個人販売などが該当します。

CtoC

BtoE(Business to Employee)

BtoEとは、Business to Employeeの略で、「企業」と「社員」の取引を示します。

「企業」が「社員」に向けて自社の商品やサービスを提供する形です。

btoe

GtoB(Government to Business)

GtoBとは、Government to Businessの略で「政府や自治体」と「企業」の取引を示します。

「政府や自治体」が「企業」に向けて商品やサービスを提供する形です。

GtoB

GtoC(Government to Consumer)

GtoCとは、Government to Consumerの略で「政府や自治体」と「個人」の取引を示します。

「政府や自治体」が「個人」に向けて商品やサービスを提供する形であり、住民票などの行政サービスが該当します。

GtoC

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説