SQL

【SQL】ALTER TABLEでカラムの追加・変更・削除

ALTER TABLEの基本構文

SQLの「ALTER TABLE」を使うことで、テーブルのカラム追加・変更・削除することができます。

ALTER TABLEの基本構文(カラム追加)

ALTER  TABLE  テーブル名  ADD  COLUMN  カラム名  データ型  オプション;

ALTER  TABLE  テーブル名  ADD  ( カラム名  データ型  オプション, ・・・);

※オプションは任意

ALTER TABLEの基本構文(カラム変更)

ALTER  TABLE  テーブル名  MODIFY  COLUMN  カラム名  データ型  オプション;

ALTER  TABLE  テーブル名  MODIFY  ( カラム名  データ型  オプション, ・・・); ※Oracleの場合

※オプションは任意

ALTER TABLEの基本構文(カラム削除)

ALTER  TABLE  テーブル名  DROP  COLUMN  カラム名;

ALTER  TABLE  テーブル名  DROP  ( カラム名, ・・・); ※Oracleの場合

本記事では「ALTER TABLE」を用いてテーブルのカラム追加・変更・削除する方法について解説しています。

スポンサーリンク

ALTER TABLEの書き方

カラム追加(ALTER TABLE ADD)

■「sample」テーブルにカラム「address」を追加

ALTER TABLE sample ADD COLUMN address VARCHAR(200);

■「sample」テーブルに複数カラムを追加

ALTER TABLE sample ADD (
    address VARCHAR(200),
    age INT
);

カラムの定義を変更(ALTER TABLE MODIFY)

■「sample」テーブルのカラム「address」を「VARCHAR(200) NOT NULL」に変更

ALTER TABLE sample MODIFY COLUMN address VARCHAR(255) NOT NULL;

■「sample」テーブルの複数カラムの定義を変更

ALTER TABLE sample
    MODIFY address VARCHAR(255) NOT NULL,
    MODIFY age INT NOT NULL;

■「sample」テーブルの複数カラムの定義を変更※Oracleの場合

ALTER TABLE sample MODIFY (
    address VARCHAR2(255) NOT NULL,
    age INT NOT NULL;
);

カラム削除(ALTER TABLE DROP)

■「sample」テーブルのカラム「address」を削除

ALTER TABLE sample DROP COLUMN address;

■「sample」テーブルの複数カラムを削除

ALTER TABLE sample
    DROP address,
    DROP age;

■「sample」テーブルの複数カラムを削除※Oracleの場合

ALTER TABLE sample DROP (
    address,
    age;
);

カラム名変更(ALTER TABLE RENAME)

■「sample」テーブルのカラム名を「address」から「address1」に変更

ALTER TABLE sample RENAME COLUMN address TO address1;


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします