AFFINGER5のAMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法

AFFINGER

AMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法

AFFINGER5でAMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法

Google AdSenseの公式サイトの通り、AMPページで広告を表示させる場合は、AMP対応広告ユニットが必要になるようです。本記事では、Google AdSenseの公式サイトに掲載されている方法で関連コンテンツの広告をAMPページに表示させる方法を紹介します。

AMP ページは AMP HTML で書かれているため、AMP 広告ユニットには通常の AdSense 広告コードとは異なる広告コードが必要です。詳しくは、AMP 対応広告ユニットの作成方法をご覧ください。

出典:https://support.google.com/adsense/answer/7632421

スポンサーリンク

手順1.  Google AdSense関連コンテンツの「data-ad-client」と「data-ad-slot」を確認する

「Google AdSense」関連コンテンツの「data-ad-client」と「data-ad-slot」を確認します。「data-ad-client」と「data-ad-slot」は後で使用するので、どこかにメモしておきましょう。

関連コンテンツ

 

手順2. AMP広告ユニットの作成

<amp-ad
    layout="fixed-height"
    height=500
    type="adsense"
    data-ad-client="ca-pub-××××××××"
    data-ad-slot="××××××××">
</amp-ad>

AMP広告ユニットを作成します。先ほど確認した「data-ad-client」と「data-ad-slot」を上記の広告ユニットに書き換えます。「height」は広告を表示させる高さになりますので、自分のサイトにあった高さに修正してください。

 

手順3. 「single-amp.php」にAPM広告ユニットを張り付ける

WordPressで「外観」→「テーマエディター」で「WING-AFFINGER5」「single-amp.php」を選択します。

「single-amp.php」内の<!--関連記事-->と書かれている場所の下に、先ほどのAMP広告ユニットを張り付けます。

関連コンテンツの配置

 

これでAFFINGER5のAMPページに関連コンテンツの広告が表示されるようになります。

 

終わりに

AFFINGER5のAMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法を紹介しました。

関連コンテンツの広告は、大きな収入源となる広告です。AMPページに設置する事で更なる収入アップが期待できます。是非、AMPページに関連コンテンツの広告を設置することをお勧めします。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.