コンピュータ

拡張カードとは

拡張カード(拡張ボード)

拡張カード(英: expansion card)とは、コンピュータの機能を拡張するための板状の部品のことです。拡張ボードとも呼ばれています。

コンピュータの内部には、マザーボードという様々な部品が取り付けられている基盤が入っており、この基盤には拡張カードを差し込むための拡張スロットという差し込み口があります。

この拡張スロットに拡張カードを差し込むことで、コンピュータの機能を拡張することができます。

拡張スロットの規格

拡張カードを接続するためのインタフェース(拡張スロット)の規格には、PCIAGPPCI Expressなどがあります。

また、よく知られている拡張カードの種類にはビデオカード(グラフィックカード)、サウンドカード、ネットワークカード、ビデオキャプチャカードなどがあります。

元々は必要に応じて拡張カードを追加していましたが、近年では、主な機能(特にサウンドやネットワーク)が一通り内蔵されていることがほとんどとなり、特殊な機能やより高度な性能を求める際に拡張カードを追加することが多くなっています。

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら