システム開発

平均修理時間(MTTR)とは

MTTR(Mean Time To Recovery)

平均修理時間とは

平均修理時間(MTTR)とは、システムが故障してから完了するまでの時間(修理の平均時間)のことです。

つまり故障すると、平均修理時間くらいは修理にかかるので、その間はシステムが稼働できないことを示しています。

平均修理時間は、修理時間の合計と故障回数から求めることができ、平均修理時間が小さいほど可用性が高いシステムといえます。

可用性とは システムがどのくらい連続稼働ができるかを表す能力です。可用性が高いシステム程、故障しにくい また 復旧が早いなど、安定した稼働をすることができます。

平均修理時間は、英語の Mean Time To Recoveryから「MTTR」と略されて呼ばれています。

平均修理時間(MTTR)の求め方

平均修理時間(MTTR)は次の式で求めることができます。

MTTR = 総修理時間 / 総故障回数

 

MTTRイメージ図

それでは、上記図の例を用いて平均修理時間を求めていきます。

上記図の例では、故障が3回起きています。1回目の修理時間は 4時間、2回目の修理時間は 2時間、3回目の修理時間は 2時間です。

  • システムの総修理時間: 4時間 + 2時間 + 2時間 = 8時間
  • システムの総故障回数:3回

これを平均修理時間の式を用いて計算することで、平均修理時間を求めることができます。

8時間 / 3回 = 2.6666...

平均修理時間を求めた結果、このシステムを修理する際には平均で約2時間40分かかることが分かりました。

\ 参考になりましたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説