レビューとは

システム開発

レビューとは

完璧なソースコードが出来た!!コードレビューお願いします。
ここは規約違反だよ、あと、ここは構文が間違っているよ
全然完璧じゃなかった・・・

IT業界のシステム開発で、よく使われる言葉である「レビュー」

本記事では「レビュー」について、分かりやすく説明していきます。

レビュー(review)ってなに?

システム開発では各工程ごとに成果物の検証を行います。その検証作業のことをレビューといいます。

レビューは基本的にミーティング形式で行われます。そしてレビューする人のことをレビュアー (reviewer)、レビューしてもらう人のことをレビューイ (reviewee)と呼びます。

レビューイメージ図

各工程の完了ごとに成果物をチェックすることで、問題の早期発見や成果物の品質向上が期待できます

デザインレビュー

要件定義や外部設計、内部設計などの設計段階で作成した仕様書に対して、漏れや誤り等がないことをを確認する為のレビューをデザインレビューといいます。

設計段階でレビューすることで、設計の不備を発見し、設計書の妥当性を確認します。

コードレビュー

開発工程で作成したプログラムが、設計書通り また コーディング規約に沿って作成されているかを確認する為のレビューをコードレビューといいます。

コードレビューを行うことで、コーディング規約に沿って作られているかの確認ができ、ソースコードのメンテナンス性の向上が期待できます。また仕様漏れや認識誤りをチェックすることで、ソースコードの妥当性を確認します。

スポンサーリンク

レビューの代表的な手法

ウォークスルー

レビューを希望する担当者(レビューイ)が、複数の関係者(レビュアー)を集め成果物の内容を説明していく手法。ウォークスルーは、担当者のスキル向上を目的とした教育的側面や、メンバー間での認識の共有を目的としても開催されます。

成果物の説明に対し、レビュアーは質問や指摘事項、アドバイスなどを行います。そして指摘事項やアドバイスを取り入れるかは、担当者とレビュアーの話し合いで決定します。

インスペクション

モデレーターというプロジェクトメンバー以外の第三者の責任者が進行役として進めていく手法。事前に決められたチェックリストなどに基づいて、成果物に不備がないかを確認していきます。

ラウンドロビン

参加者全員が持ち回りでレビュー責任者を務めながらレビューを行う手法。レビュー参加者全体の参画意欲を高める効果が期待できます。

この記事どうでしたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説