システム開発

マイルストーンとは

マイルストーン

今度のプロジェクト、マイルストーンをしっかり設定しておいて。
マイルストーン・・・ってなんですか(汗

マイルストーンとは

マイルストーン(milestone)とは、鉄道や道路において起点からの距離を記した距離標識として使われている言葉です。

プロジェクトのスケジュール管理においては、プロジェクトを完遂するために設けた重要な節目や主要ポイントのことをマイルストーンといいます。

例えば、ソフトウェア開発では次のような工程で作業を行います。

  1. 要件定義
  2. 設計(基本設計・詳細設計)
  3. 製造
  4. 試験(単体テスト・結合テスト)
  5. お客様試験(受け入れテスト)
  6. 本番リリース

この時、"重要な節目や主要ポイント"にマイルストーンを設定します。

お客様の方でリリース判定会議のような重要な会議が存在するのであれば、その重要な会議の日をマイルストーンに設定する場合や、「設計完了」「検証リリース開始」「出荷開始」など工程全体を分割する大項目の開始や終了などをマイルストーンに設定します。

スケジュールとマイルストーンの違い

スケジュールは、WBS(Work Breakdown Structure)などを用いて、「何を」「いつまでに」「誰が」という情報を整理して表にあらわします。

マイルストーンは、このスケジュール表の中にある"重要なポイント"です。

 

以下は、簡易的なスケジュール表の中にマイルストーンを設定した例です。

マイルストーンとは

スケジュール表から各工程の予定が分かります。

  • 要件定義:4月上旬~4月中旬
  • 設計:4月中旬~4月末
  • 製造:5月上旬~5月下旬
  • 試験:5月下旬~6月中旬
  • 受け入れテスト:6月中旬~7月上旬

そして、マイルストーンとして以下が設定されています。

  • 要件完了:4月中旬
  • 製造完了:5月下旬
  • 検証リリース:6月中旬
  • 本番リリース:7月中旬

マイルストーンから、本番リリースが7月中旬にあり、本番に向けた検証リリースが6月中旬にあることがわかります。そのため、検証リリースがはじまる6月中旬までに、内部の試験を完了させる必要があります。

このようにマイルストーンは、スケジュールの中にある"重要な主要ポイント"であり、この"重要な主要ポイント"に間に合うように作業を進めていく必要があります。

まとめ

マイルストーンとは、スケジュールの中にある"重要な主要ポイント"のこと。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説