コンピュータ

ポイントツーポイントとは

ポイントツーポイント

ポイントツーポイント(英:point-to-point)とは、通信回線の接続方式のひとつで2台の機器や2ヵ所の地点を1対1に接続する接続形態のことです。

2台の機器をケーブルなどを介して直に接続して互いに信号を伝送し合う方式です。

ポイントツーポイントの接続イメージ

例えば、コンピュータにハードディスクやSSDなどを接続するためのインタフェースの規格であるSATA(シリアルATA)SAS(Serial Attached SCSI)は、各機器と1対1(ポイントツーポイント)で接続します。

※以下はSATA(シリアルATA)の接続イメージ例

Serial Attached SCSIのイメージ図

インターネット接続でも、インターネットサービスプロバイダ(ISP)と加入者側の機器間で「PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)」のようなプロトコルを用いて1対1(ポイントツーポイント)の通信を確立する方式があります。

※以下はPPPoEの接続イメージ例

PPPoE

PPPoEは、ADSLやケーブルテレビ(CATV)、光ファイバー(FTTH)などのインターネットサービスプロバイダ(ISP)に契約することで利用可能となるサービスでよく利用されている手法です。

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら