システム開発

ベンチマーキングとは

ベンチマーキング(benchmarking)

ベンチマーキングとは、優れている競合企業や先進企業と自社の活動を比較することです。既存の優れた実践事例(ベストプラクティス)と自社を比較することで、業務改革を効率的に進めていくことができます。

ベンチマーキングは、あくまでもビジネスプロセスを参考にするものであって、製品などを真似するものではありません。

ベンチマーキングの手法

具体的な手法は様々であり、ベンチマーキングが広まるにしたがって、様々な新たな方法論が生まれています。ベンチマーキングについての最初の書籍はコンサルタント会社の Kaiser Associates が出版したもので、7ステップの手法を提案、1989年にロバート・C・キャンプが提唱した書籍の場合では、12段階の手法を示しています。

ベンチマーキングのメリット

競合他社との競争が激化するなか、業界内や業界外のトップレベルのパフォーマンスと比較することで、現状の競争力を把握することができます。また、現実に存在する最良の事例(ベストプラクティス)を分析することで、学ぶための高い目標設定改善すべきプロセスを明確にでき、業務改革を効率的に進めていくことができます。

 

まとめ

ベンチマーキングとは、ベストな手法を得るために優れた競合他社と比較する活動のこと

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説