類似用語

プラグイン・アドイン・アドオンの違い

プラグインとは

プラグイン(英:plug-in)とは、ソフトウェアに機能を追加するためのプログラムのことです。

スポンサーリンク

基本的には、プラグイン単体では動作することはできず、本体となるソフトウェアが必要です。次の図はプラグインのイメージ例です。

本体となるソフトウェアがあり、そのソフトウェアの機能を拡張するための追加プログラムのことをプライグインといいます。

プラグイン

例えば、ホームページやブログを作成する有名なソフトウェアである「WordPress」には、たくさんのプラグインが用意されています。利用者は、好きなプラグインを使いオリジナルなホームページやブログを作成することができます。

アドオン(アドイン)とは

アドオン(英:add-on)とは、ソフトウェアの機能を拡張するためのプログラムのことです。アドイン(英:add-in)とも呼ばれています。

Webブラウザの拡張機能のことをアドオンと呼ぶことが多いです。

Webブラウザとは、インターネットを閲覧する為のソフトウェアのことです。

 

インターネットを閲覧する時に使用する「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Firefox」「Safari」などのWebブラウザにはさまざまな拡張機能(アドオン)が存在します。

Webブラウザに拡張機能(アドオン)を追加することで、利用者が使いやすいようにカスタマイズすることができます。

プラグイン・アドイン・アドオンの違い

プラグイン、アドイン、アドオンは、いずれもソフトウェアに追加する拡張機能のことです。プラグイン、アドイン、アドオンの英語の意味は以下です。

  • 「plug-in」の意味は「plug-in」は差し込む、「in」は~の中に
  • 「add-in」の意味は「add」追加する、「in」は~の中に
  • 「add-on」の意味は「add」は追加する、「on」は〜の上に

アドオン(add-on)は、既にあるソフトウェアの上に機能を追加

アドイン(add-in)は、既にあるソフトウェアの中に機能を追加

プラグイン(plug-in)は、既にあるソフトウェアの中に機能を差し込む

という結果であり、アドイン(add-in)とアドオン(add-on)、プラグイン(plug-in)は、ほぼ同じ意味を持つ類似語です。(違う意味として使い分ける場合もありますが、ほぼ同義語)

プラグイン、アドイン、アドオンという言葉がでたら、機能拡張用のソフトウェアと考えればOKです。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら