ブリッジとは

ネットワーク

ブリッジとは | 分かりやすく図解で解説

ブリッジとは

ブリッジ(bridge)とは、セグメント間の中継器。流れてきたパケットの「MACアドレス情報」を確認し、必要があれば他のセグメントへとパケットを流す役割を持ちます。

OSI参照モデルのデータリンク層(レイヤ2)で使用されるネットワーク機器です。

ブリッジとは

ブリッジには「MACアドレス」を学習する機能があり、流れてきたパケットを監視することで、ブリッジに接続されているコンピュータの「それぞれのセグメントに属するMACアドレスの一覧」を記憶してしまいます。

※セグメントとは、ブロードキャスト(接続している全コンピュータにデータを流す)が届くネットワークの範囲(グループ)のこと。

 

以降は、記憶した「MACアドレスの一覧」に従い、宛先の「MACアドレス」が存在するセグメントへパケットを流す役割を持ちます。

 

ブリッジとスイッチの違い

セグメント間の中継器であるブリッジの機能に、ハブの機能が追加されたのが「スイッチング ハブ」です。

ハブはLANケーブルの接続口(ポート)を複数持つ集線装置です。ハブには以下の2種類があります。

  • リピータの機能を持つハブを「リピータ ハブ」
  • ブリッジの機能を持つハブを「スイッチング ハブ」

ハブ

スイッチング ハブは、ブリッジの機能を持つので「MACアドレス」を学習します。そのため「宛先MACアドレス」に該当するコンピュータが接続されているポートにのみパケットを送出します。

 

リピータ ハブイメージ図

リピータ ハブは、リピータの機能を持つハブなので「MACアドレス」を学習しません。そのためパケットが流れてくると無条件に全てのポートへパケットを送出します。

\ 参考になりましたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説