システム開発

フロントエンドとは | バックエンドの違いを分かりやすく解説

フロントエンドとは

フロントエンド(front-end)とは、Webアプリケーション開発などで、利用するユーザーが直接目に触れる部分のことです。

一般的なWebのシステムは、クライアントとサーバに分かれています。利用するユーザーはクライアント側にある画面を操作して、Webサーバとやり取りすることでデータを読み込んだり、登録したりしています。

フロントエンドは、このクライアント側(クライアントサイド)を指す言葉です

HTTP POSTイメージ図

 

そして、フロントエンドの開発を行うエンジニアのことを フロントエンドエンジニアといい、フロントエンドの開発で代表的な言語には「HTML」や「CSS」、「JavaScript」などがあります。

フロントエンドとは

 

フロントエンドの開発は「HTML」と「CSS」、「JavaScript」を使いますが、より効率的に開発するためにテンプレートエンジン(Thymeleaf、ERB、Bladeなど)や JavaScriptのフレームワーク(Vue.jsやAngularJSなど)、JavaScriptのライブラリ(jQueryなど)を使って実装することが多いです。

また、「CSS」のフレームワークである「Bootstrap」や、「Bootstrap」をベースとし管理画面作成に特化した「AdminLTE」などを使うことで、画面のデザインを簡単に実装することができます。

バックエンドとは

バックエンド(back-end)とは、Webサーバ側(サーバーサイド)の処理のことです。利用するユーザーの目に見えるフロントエンドとは違い、ユーザーの目に見えない部分です。

ユーザーが入力した内容をデータベースへ保存したり、ユーザーが閲覧したい内容をデータベースから抽出したりと様々な処理を実装します。

バックエンドの開発を行うエンジニアのことを バックエンドエンジニアといい、バックエンドの開発で代表的な言語には「Java」や「Ruby」、「PHP」「C#」「Python」などがあります。

バックエンドとは

バックエンドの開発では、フレームワークを使って実装することがほとんどです。

例えば「Java」では「Spring Framework」、「Ruby」は「Ruby on Rails」、「PHP」は「Laravel 」、「C#」は「.NET Framework」などが有名です。

まとめ

本記事では、フロントエンド と バックエンドの違いについて紹介しました。

フロントエンドとバックエンドの違い

まとめ

  • フロントエンド:クライアントサイドの処理(HTML、CSS、JavaScriptなど)
  • バックエンド:サーバーサイドの処理(Java、Ruby、PHPなど)

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説