図

システム開発

パレート図とは | パレート図の作り方を図解で説明

パレート図

パレート図は、主に数値データなどを統計してまとめ、これを分析して品質管理に役立てる手法である「QC七つ道具」の一つです。

パレート図では、項目を件数の多い順に棒グラフ、その累計値を折れ線グラフとして重ね合わせることで、重要な項目を把握することを目的としています。

次のグラフがパレート図の例です。

パレート図イメージ例

パレート図を用いることで製品の不良や欠点などを分解し、具体的な数値にすることで問題を把握することができます。

パレート図の作り方

[手順1] データの収集

まずは、パレート図を作成するためのデータを収集します。

[手順2] データの整理

次に収集したデータを整理し、表にまとめます。

今回は、ある製品に対するクレームの件数を例とします。

クレーム項目 クレーム件数 割合 累積割合
A 122 44.7% 44.7%
B 80 29.3% 74%
C 50 18.3% 92.3%
D 20 7.3% 99.6%
E 1 0.4% 100%
合計 273

表はクレーム項目の多い順に並べます。

そして割合は

割合 = 件数 / 総件数

で求めます。例えばクレーム項目「B」の割合は「80 / 273 = 0.293...」となり29.3%です。

最後に累積割合は、順番に累積を加算していきます。例えばクレーム項目「A」の割合は44.7%、クレーム項目「B」の割合は29.3%なので、クレーム項目「B」の累積割合は「44.7 + 29.3 = 74」です。

[手順3] 棒グラフの作成

パレート図の棒グラフを作成します。棒グラフはクレーム項目とクレーム件数で作成します。

パレート図表イメージ1

左側の縦軸はクレーム件数、横軸にはクレーム項目を並べます。

パレート図の棒グラフ

[手順4] 折れ線グラフの追加

次にパレート図の折れ線グラフを作成します。折れ線グラフは累積割合で作成します。

パレート図の表イメージ2

右側の縦軸(第2軸)に累積割合を並べます。累積割合は0%~100%の範囲で書くのが一般的です。

パレート図イメージ例

これでパレート図は完成です。
パレート図からクレーム項目「A」と「B」だけで全体の74%を占めていることが分かります。

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説