玄関

IT用語

デフォルトゲートウェイとは

デフォルトゲートウェイ

デフォルトゲートウェイとは

デフォルトゲートウェイ(default gateway)とは、内部ネットワークと外部ネットワークを繋ぐためのネットワーク機器のことです。一般的にはルータがデフォルトゲートウェイの役割を担当します。

ゲートウェイという言葉は英単語では「玄関」の意味を持ちます。その意味の通り、内部ネットワークにいるコンピュータからインターネットなどの外部ネットワークにアクセスする際は必ず玄関であるデフォルトゲートウェイを経由します。

デフォルトゲートウェイイメージ図

上記図のように内部ネットワークであるLAN(Local Area Network)と外部ネットワークであるWAN(Wide Area Network)との間にデフォルトゲートウェイが入る形です。

LAN側にいるパソコンはデフォルトゲートウェイのLANポート、WAN側はデフォルトゲートウェイのWANポートに接続されます。

補足

  • LAN(ローカルエリアネットワーク):社内や家庭内などで構成された一定範囲の大きさのネットワーク
  • WAN(ワイドエリアネットワーク):インターネットなどの広い範囲のネットワーク

スポンサーリンク

デフォルトゲートウェイの役割

私たちの生活で欠かせない物となっているパソコンやスマートフォン。日常生活で当たり前のようにメールやSNSでやり取りをしたり、ネットサーフィンをしています。

では、遠隔にいる相手に対してどのようにデータの送受信が行われているのでしょうか。

それは、宅配便の仕組みと非常に似ているのです。

宅配の例

宅配便を送るとき、まずは最寄りの営業所(今はコンビニなどでも受け付け可能)に荷物を持っていきます。そして最寄りの営業所から「届け先住所」に近い営業所へと荷物が送られ、「届け先住所」へと荷物を届ける流れです。

 

ルーティング説明1

ネットワーク上での通信も、宅配便とほとんど同じ仕組みです。

上記図のように「PC1」が「PC3」宛てにデータを送信する時、まずは最寄りのルータである「ルータA」にデータを送ります。

ルーティング説明2

そして「ルータA」から宛先に近い「ルータC」にデータを転送し、「ルータC」から「PC3」にデータを送ります。

ルーティング説明3

 

このように最寄りのルータがデフォルトゲートウェイになるのです。ルータには「ルーティング」という最適経路を導き出す機能があり、ルータを経由することで目的地までデータを運んでくれます。

 

また、デフォルトゲートウェイにはNAPT(Network Address Port Translation)の機能もあります。

LAN側に接続されているコンピュータに「プライベートIPアドレス」が付与されている場合は、WAN側のネットワークにアクセスする際、デフォルトゲートウェイが「グローバルIPアドレス」に変換します。

NAPTの仕組み

詳細

NAPT(Network Address Port Translation)についての詳細はこちらをご覧ください。

デフォルトゲートウェイの確認方法

Windows上でデフォルトゲートウェイの「IPアドレス」を確認するには、コマンドプロンプトを起動し「ipconfig」コマンドで調べることができます。

C:\> ipconfig

Wireless LAN adapter Wi-Fi:

接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fa00::ac8c:e845:・・・(省略)
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.3.8
サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.3.1

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.