開発

【Windows】Yarnのインストール手順

Yarnのインストール手順(Windows版)

JavaScriptのパッケージマネージャ「Yarn」をWindowsにインストールする手順を紹介します。

「Yarn」をインストールするには Node.js をインストールしておく必要があります。Node.js のインストール手順は下記の記事をご覧ください。

Node.jsのインストールはこちら

Yarnのインストーラーをダウンロードする

まずはYarnのホームページにアクセスし、インストーラーをダウンロードします。

Yarnのホームページにアクセスすると、Windowsへのインストール方法が3つあることがわかります。今回の例ではインストーラーを利用した方法でYarnをインストールします。

「インストーラーをダウンロードする」ボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードします。

インストーラーをダウンロード

Yarnをインストールする

ダウンロードしたYarnのインストーラー(今回はyarn-1.22.4.msi)を実行します。

セットアップ

インストーラーを実行するとセットアップ画面が表示されるので「Next」をクリックします。

セットアップ

使用許諾契約の同意

使用許諾契約書の同意画面が表示されるので内容を確認し、「I accept the terms in the License Agreement 」を選択して「Next」をクリックします。

ライセンスの同意

インストール先の指定

Yarnをインストールする場所を指定する画面が表示されるので、任意の場所を指定します。任意の場所を指定したら「Next」をクリックします。(今回はデフォルトのまま変更なし)

インストールする場所の指定

インストール準備完了

Yarnのインストール準備ができたので、「Install」をクリックしてYarnをインストールします。

インストール開始

インストール完了

Yarnのインストールが完了したので「Finish」をクリックして画面を閉じます。

Yarnインストール完了

 

これでYarnのインストールは完了です。

Yarnのバージョン確認

コマンドプロンプトを開いてバージョンを確認します。

「yarn -v」コマンドでYarnのバージョンを確認することができます。

今回の例でのYarnのバージョンは「1.22.4」です。

Yarnのバージョン確認

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説