開発

【Windows】VirtualBoxのインストール手順

Windows10にVirtualBoxをインストールする

仮想化ソフトウェアである「Oracle VM VirtualBox」を Windows10 にインストール手順を紹介します。

VirtualBoxのインストーラーをダウンロードする

まずはVirtualBoxのホームページにアクセスし、インストーラーをダウンロードします。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

 

今回は、Windowsにインストールするので「Windows hosts」のリンクをクリックしてインストーラーをダウンロードします。

virtualboxのインストーラーをダウンロード

VirtualBoxをインストールする

ダウンロードしたVirtualBoxのインストーラー(今回はVirtualBox-6.1.10-138449-Win.exe)を実行します。

セットアップ

インストーラーを実行するとセットアップ画面が表示されるので「Next」をクリックします。

virtualboxインストール セットアップ

カスタムセットアップ

カスタムセットアップ画面が表示されるので、インストールする内容をカスタマイズしたり、インストールフォルダを変更したりすることができます。

今回は、初期設定のまま「Next」をクリックします。

virtualboxインストール カスタムセットアップ

 

次にショートカットの作成(スタートメニュー、ディスクトップ、クイック起動)と仮想ファイルの関連付けを登録するかをチェックボックスで選択できる画面が表示されます。

今回は、初期設定のまま「Next」をクリックします。

virtualboxインストール カスタム2

ネットワークの警告

インストール中に一時的にネットワーク接続が切断される可能性があるという警告画面が表示されます。「Yes」をクリックして次に進みます。

virtualboxインストール ネットワーク警告

インストール準備完了

VirtualBoxのインストール準備ができたので、「Install」をクリックしてVirtualBoxをインストールします。

virtualboxインストール準備完了

インストール完了

VirtualBoxのインストールが完了したので「Finish」をクリックして画面を閉じます。

virtualboxインストール完了

VirtualBoxを起動する

デスクトップに作成されたショートカットやメニューにある「Oracle VM VirtualBox」をクリックしてVirtualBoxを起動します。

virtualbox起動

 

Oracle VM VirtualBoxマネージャー画面が表示されたら、起動完了です。

virtualboxの画面

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説