Wide Area Network

ネットワーク

WAN(Wide Area Network)とは

WAN(Wide Area Network)

WANとは

WAN(Wide Area Network:ワイドエリアネットワーク)とは、LANとLANを繋いだ広いネットワークのことです。

WANはLAN(ローカルエリアネットワーク)の利用者がISP(インターネットサービスプロバイダ)と契約することで利用することができます。

例えば、一般家庭の例ではISP(インターネットサービスプロバイダ)と契約することで、コンピュータはブロードバンドルータ(デフォルトゲートウェイ)を経由してインターネットに接続します。

この時、「コンピュータ-ブロードバンドルータ間」のネットワークがLAN(ローカルエリアネットワーク)、「ブロードバンドルータ-インターネット間」のネットワークがWAN(ワイドエリアネットワーク)です。

ポイント

LAN:社内や家庭で構成された一定範囲のネットワーク

WAN:LANとLANを繋いだ広い範囲のネットワーク

スポンサーリンク

WANのイメージ例

それでは、もう少し全体像でWAN(ワイドエリアネットワーク)をイメージしてみます。

LANのイメージ図

上記図は、一般的な「家庭LAN」と「社内LAN」のイメージ例です。

「家庭LAN」「社内LAN」共に ルータ(レイヤ3スイッチ)と呼ばれるネットワーク機器が設置されており、そのルータに各コンピュータが接続されています。

この家庭や社内で構成されているネットワークがLAN(ローカルエリアネットワーク)、そして家庭や社内で構成されたLANから見て、外部のネットワークがWAN(ワイドエリアネットワーク)です。

 

このように、LANは社内や家庭で構築された一定範囲のネットワークであり、このLANとLANを繋いで構成された広い範囲のネットワークのことをWANと呼びます。

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説