コンピュータ

Webページとは

Webページ(ウェブページ)

Webページとは

Webページとは、Webブラウザで閲覧することができるページのことです。

現在、ご覧いただいている本ページもWebページです。そして、Webページの集まりで作られたサイトのことをWebサイトといいます。

スポンサーリンク

Webサイトには、「トップページ」があり、「トップページ」の配下に「各記事」のページや「お問い合わせ」ページなどが存在しています。この個々のページのことをWebページといいます。

Webサイトとは

Webページはどうやって作られているの?

Webページは、HTML(Hypertext Markup Language)と呼ばれるWebページを作成する言語で作成することができます。

その他にも、Webページの配置や見栄えを整えるCSS(Cascading Style Sheets)や、Webページに様々な処理を実装できる言語であるJavaScriptなどを使用することが多いです。

 

HTMLは次のような形式で記述します。

[HTML 例]

<html>
<body>
<div>HTMLサンプル</div>
<div><b>太字</b></div>
<div><font color="red">赤文字</font></div>
</body>
</html>

このHTMLをWebブラウザで表示すると次のように表示されます。

HTMLサンプル

HTMLの<b>タグは太字、<font color="red">は赤文字を表します。タグには開始タグと終了タグがあり、例えば<b>は開始タグで</b>は終了タグです。

<b>太字</b>と書くことで「開始タグ~終了タグの間の文字を太字で表示しろ」という命令です。

このようにWebページは、HTMLで作られています。

 

ただ、HTMLの言語を知らなくても「Amebaブログ」や「はてなブログ」のようなブログサービスを利用したり、ブログやサイトが簡単に作れる「WordPress」を利用することで、Webページを作成することができます。

現在、ご覧いただいている本ページも「WordPress」を利用して作成したWebページです。

Webページとホームページの違い

Webページと同じような言葉に「ホームページ」があります。

Webページとホームページは同じ言葉のように使われていますが、Webサイトの各ページのことをいうWebページとは違い、ホームページはWebサイトのトップページや、起動時に表示されるように設定されたWebページのことをいいます。

ホームページとWebページの違いは次の通りです。

  • Webサイト:Webサイトの個々のページ
  • ホームページ:Webサイトのトップページや最初に表示されるWebページ
ただし「ホームページ=ウェブサイト、ウェブページ」という認識が広く浸透しているため、ほぼ同じ意味の言葉として利用されることも多いです。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします