ThymeleafでPOSTしたデータをJPAで簡単にDBへ登録

Spring Boot

ThymeleafでPOSTしたデータを簡単にDBへ登録する方法

ThymeleafでPOSTしたデータを簡単にデータベースへ登録する方法

Javaの人気フレームワークである「Spring Boot」と「Spring Boot」と相性の良いテンプレート・エンジン「Thymeleaf」を使用し、登録画面からPOSTしたデータを「Spring Data JPA」を利用して簡単にデータベースに簡単に登録する方法を紹介します。

スポンサーリンク

本記事で作成する画面は以下の通り。一覧画面と登録画面を作成していきます。

ユーザー情報一覧画面

[ユーザー情報一覧画面]

 

「ユーザー情報一覧画面」の「新規登録はこちら」リンクを押下すると「ユーザー新規登録」画面へ遷移します。

ユーザー新規登録画面

[ユーザー新規登録画面]

 

「ユーザー新規登録画面」で「登録」ボタンを押下すると、「ユーザー情報一覧画面」へ遷移して登録した内容を一覧に表示させます。

ユーザー情報一覧画面結果

[ユーザー情報一覧画面]

事前準備

開発環境

開発環境は以下の通り。

開発環境 名称 説明
開発言語 Java 人気の開発言語
開発ツール Eclipse Javaでの定番開発ツール
フレームワーク Spring Boot 人気のSpringフレームワークをベースとしたフレームワーク
テンプレートエンジン Thymeleaf Spring Bootと相性が良いテンプレートエンジン
データベース MySQL フリーで利用できる人気データベース

環境構築手順はこちら ⇒ EclipseでSpring Bootの環境構築 | 分かりやすく図解で説明

スポンサーリンク

ディレクトリ構成

プロジェクトのディレクトリ構造は以下の通り。

springSample
  |
  |___src.main.java
       |
       |___com.example.demo
       |    |
       |    |___controller
       |    |    |
       |    |    |__UserController.java
       |    |
       |    |___entity
       |    |    |
       |    |    |___User.java
       |    |
       |    |___dto
       |    |    |
       |    |    |___UserRequest.java
       |    |
       |    |___repository
       |    |    |
       |    |    |___UserRepository.java
       |    |
       |    |___service
       |         |
       |         |___UserService.java
       |
       |___src.main.resources
            |
            |___templates
            |    |
            |    |___user
            |         |
            |         |___add.html
            |         |
            |         |___list.html
            |
            |___static
            |    |
            |    |___css
            |         |
            |         |___add.css
            |         |
            |         |___list.css
            |
            |___application.properties

データベース接続設定

プロジェクトにある「application.properties」を開き、MySQLの接続情報を設定します。

spring.datasource.url=jdbc:mysql://localhost/sampledb?characterEncoding=UTF-8&serverTimezone=JST
spring.datasource.username=root
spring.datasource.password=password
spring.datasource.driver-class-name=com.mysql.cj.jdbc.Driver

build.gradleの依存関係

プロジェクト配下にある「build.gradle」を開き、使用する機能の設定を行います。

dependencies {
  implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-data-jpa'
  implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-thymeleaf'
  implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-web'
  compileOnly 'org.projectlombok:lombok'
  runtimeOnly 'mysql:mysql-connector-java'
  annotationProcessor 'org.projectlombok:lombok'
  providedRuntime 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-tomcat'
  testImplementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-test'
}

データベースにテーブルの作成

今回は以下のテーブルを作成します。

■ユーザー情報TBL

物理名 論理名 データ型 NOT NULL 説明
id ID BIGINT 主キー(AUTO_INCREMENT)
name 名前 VARCHAR(100) ユーザーの名前
address 住所 VARCHAR(255) ユーザーの住所
phone 電話番号 VARCHAR(50) ユーザーの電話番号
update_date 更新日時 DATETIME 最終更新日時
create_date 作成日時 DATETIME 登録日時
delete_date 削除日時 DATETIME 論理削除した日時

 

以下のCreate文でテーブルを作成します。

CREATE TABLE `sampledb`.`user` (
  `id` BIGINT NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `name` VARCHAR(100) NOT NULL,
  `address` VARCHAR(255) NULL,
  `phone` VARCHAR(50) NULL,
  `update_date` DATETIME NOT NULL,
  `create_date` DATETIME NOT NULL,
  `delete_date` DATETIME NULL,
  PRIMARY KEY (`id`));

フロントエンド(画面)のソースコード

ユーザー情報一覧画面のHTML(list.html)

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
    xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<head>
<title>ユーザー情報一覧</title>
<link href="/css/list.css" rel="stylesheet"></link>
<meta charset="utf-8" />
</head>
<body>
    <h1>ユーザー情報一覧</h1>
    <div>
        <a th:href="@{/user/add}">新規登録はこちら</a>
    </div>
    <table>
        <thead>
            <tr>
                <th>ID</th>
                <th>名前</th>
                <th>住所</th>
                <th>電話番号</th>
                <th>更新日時</th>
                <th>登録日時</th>
                <th>削除日時</th>
            </tr>
        </thead>
        <tbody>
            <tr th:each="user : ${userlist}" th:object="${user}">
                <td class="center" th:text="*{id}"></td>
                <td th:text="*{name}"></td>
                <td th:text="*{address}"></td>
                <td class="center" th:text="*{phone}"></td>
                <td class="center"
                    th:text="${#dates.format(user.updateDate, 'yyyy/MM/dd')}"></td>
                <td class="center"
                    th:text="${#dates.format(user.createDate, 'yyyy/MM/dd')}"></td>
                <td class="center"
                    th:text="${#dates.format(user.deleteDate, 'yyyy/MM/dd')}"></td>
            </tr>
        </tbody>
    </table>
</body>
</html>

ユーザー新規登録画面のHTML(add.html)

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
    xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<head>
<title>ユーザー新規登録</title>
<link href="/css/add.css" rel="stylesheet"></link>
<meta charset="utf-8" />
</head>
<body>
    <h1>ユーザー新規登録</h1>
    <form th:action="@{/user/create}" th:object="${userRequest}"
        method="post">
        <table>
            <tr>
                <th class="cell_title">名前</th>
                <th class="cell_required">※</th>
                <td><input type="text" th:field="*{name}"></td>
            </tr>
            <tr>
                <th class="cell_title">住所</th>
                <th class="cell_required"></th>
                <td><input type="text" th:field="*{address}"></td>
            </tr>
            <tr>
                <th class="cell_title">電話番号</th>
                <th class="cell_required"></th>
                <td><input type="text" th:field="*{phone}"></td>
            </tr>
        </table>
        <div class="btn_area_center">
            <input type="submit" value="登録" class="btn">
        </div>
    </form>
</body>
</html>

ユーザー情報一覧画面のスタイルシート(list.css)

body {
    width: 90%;
}

table {
    width: 100%;
    border-collapse: collapse;
    font-size: 12px;
}

table th, table td {
    border: 1px solid #ddd;
    padding: 6px;
}

table th {
    background-color: #F2F2F2;
}

ユーザー新規登録画面のスタイルシート(add.css)

body {
    width: 80%;
}

table {
    width: 100%;
    border-collapse: collapse;
    font-size: 13px;
}

table th, table td {
    border: 1px solid #ddd;
    padding: 6px;
}

table th {
    background-color: #F2F2F2;
}

table input {
    width: 90%;
}

.cell_title {
    border-right: 0;
}

.cell_required {
    color: red;
    font-size: 12px;
    width: 10px;
    border-left: 0;
}

.btn {
    width: 100px;
    text-align: center;
}

.btn_area_center {
    margin-top: 20px;
    text-align: center;
}

バックエンド(サーバ)のソースコード

スポンサーリンク

Controllerクラスの作成(UserController.java)

フロントエンドとサーバーエンドの入出力の管理を行うControllerクラスを作成します。

package com.example.demo.controller;

import java.util.List;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.ModelAttribute;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

import com.example.demo.dto.UserRequest;
import com.example.demo.entity.User;
import com.example.demo.service.UserService;

/**
 * ユーザー情報 Controller
 */
@Controller
public class UserController {

    /**
     * ユーザー情報 Service
     */
    @Autowired
    UserService userService;

    /**
     * ユーザー情報一覧画面を表示
     * @param model Model
     * @return ユーザー情報一覧画面
     */
    @RequestMapping(value = "/user/list", method = RequestMethod.GET)
    public String displayList(Model model) {
        List<User> userlist = userService.searchAll();
        model.addAttribute("userlist", userlist);
        return "user/list";
    }

    /**
     * ユーザー新規登録画面を表示
     * @param model Model
     * @return ユーザー情報一覧画面
     */
    @RequestMapping(value = "/user/add", method = RequestMethod.GET)
    public String displayAdd(Model model) {
        model.addAttribute("userRequest", new UserRequest());
        return "user/add";
    }

    /**
     * ユーザー新規登録
     * @param userRequest リクエストデータ
     * @param model Model
     * @return ユーザー情報一覧画面
     */
    @RequestMapping(value = "/user/create", method = RequestMethod.POST)
    public String create(@ModelAttribute UserRequest userRequest, Model model) {
        // ユーザー情報の登録
        userService.create(userRequest);
        return "redirect:/user/list";
    }
}

Serviceクラスの作成(UserService.java)

具体的な処理(ビジネスロジック)を記述するServiceクラスを作成します。

package com.example.demo.service;

import java.util.Date;
import java.util.List;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.stereotype.Service;
import org.springframework.transaction.annotation.Transactional;

import com.example.demo.dto.UserRequest;
import com.example.demo.entity.User;
import com.example.demo.repository.UserRepository;

/**
 * ユーザー情報 Service
 */
@Service
@Transactional(rollbackFor = Exception.class)
public class UserService {

    /**
     * ユーザー情報 Repository
     */
    @Autowired
    UserRepository userRepository;

    /**
     * ユーザー情報 全検索
     * @return 検索結果
     */
    public List<User> searchAll() {
        return userRepository.findAll();
    }

    /**
     * ユーザー情報新規登録
     * @param user ユーザー情報
     */
    public void create(UserRequest userRequest) {
        userRepository.save(CreateUser(userRequest));
    }

    /**
     * ユーザーTBLエンティティの生成
     * @param userRequest ユーザー情報リクエストデータ
     * @return ユーザーTBLエンティティ
     */
    private User CreateUser(UserRequest userRequest) {
        Date now = new Date();

        User user = new User();
        user.setName(userRequest.getName());
        user.setAddress(userRequest.getAddress());
        user.setPhone(userRequest.getPhone());
        user.setCreateDate(now);
        user.setUpdateDate(now);

        return user;
    }
}

Repositoryクラスの作成(UserRepository.java)

データベースへアクセスするためのRepositoryクラスを作成します。

package com.example.demo.repository;

import org.springframework.data.jpa.repository.JpaRepository;
import org.springframework.stereotype.Repository;

import com.example.demo.entity.User;

/**
 * ユーザー情報 Repository
 */
@Repository
public interface UserRepository extends JpaRepository<User, Long> {
}

Entityクラスの作成(User.java)

データベースのデータを格納するEntityクラスを作成します。

package com.example.demo.entity;

import java.io.Serializable;
import java.util.Date;

import javax.persistence.Column;
import javax.persistence.Entity;
import javax.persistence.GeneratedValue;
import javax.persistence.GenerationType;
import javax.persistence.Id;
import javax.persistence.Table;

import lombok.Data;

/**
 * ユーザー情報 Entity
 */
@Entity
@Data
@Table(name = "user")
public class User implements Serializable {

    /**
     * ID
     */
    @Id
    @Column(name = "id")
    @GeneratedValue(strategy = GenerationType.IDENTITY)
    private Long id;

    /**
     * 名前
     */
    @Column(name = "name")
    private String name;

    /**
     * 住所
     */
    @Column(name = "address")
    private String address;

    /**
     * 電話番号
     */
    @Column(name = "phone")
    private String phone;

    /**
     * 更新日時
     */
    @Column(name = "update_date")
    private Date updateDate;

    /**
     * 登録日時
     */
    @Column(name = "create_date")
    private Date createDate;

    /**
     * 削除日時
     */
    @Column(name = "delete_date")
    private Date deleteDate;
}

Data Transfer Objectの作成(UserRequest.java)

データを格納する箱である「Data Transfer Object」を作成します。

package com.example.demo.dto;

import java.io.Serializable;

import lombok.Data;

/**
 * ユーザー情報 リクエストデータ
 */
@Data
public class UserRequest implements Serializable {

    /**
     * 名前
     */
    private String name;

    /**
     * 住所
     */
    private String address;

    /**
     * 電話番号
     */
    private String phone;
}

Webアプリケーションの実行

1. ユーザー情報一覧画面の表示

Spring Bootプロジェクトを実行して http://localhost:8080/user/list へアクセスし、ユーザー情報一覧画面を表示させます。ユーザー情報一覧画面が表示したら「新規登録はこちら」リンクを押下します。

ユーザー情報一覧画面

2. ユーザー新規登録

ユーザー新規登録画面が表示されるので、「名前」「住所」「電話番号」を入力して「登録」ボタンを押下します。

ユーザー新規登録画面

3. 登録内容の確認

ユーザー情報一覧画面に登録されたデータが追加されて表示されれば、登録は成功しています。

ユーザー情報一覧画面結果

 


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら



【おすすめ書籍】




Spring Frameworkを使いJavaアプリケーションを開発するための基本と実践ノウハウを解説した書籍。





Spring Bootの解説書。
Doma2やThymeleaf、Spring SecurityなどSpring Boot2を現場で活用するための手法を紹介している書籍。


よろしければ記事の評価をお願いします